伊駒アルプスロードが国による権限代行で事業化決定

2020-03-31

本日、国土交通省から一般国道153号伊駒アルプスロード全線となる延長11.6キロメートルについて、令和2年度予算において国による権限代行で新規事業化されたとの発表がありました。

宮田村では、これまで伊那市、駒ヶ根市と「一般国道153号伊駒アルプスロード整備促進期成同盟会」を組織し、関係国会議員や長野県、地域関係者とともに、伊駒アルプスロードの新規事業化と早期整備の必要性を訴えてまいりました。

今回の伊駒アルプスロードの全線事業化は、既に暫定供用している伊南バイパスと事業進捗中の伊那バイパスとを結ぶ上伊那地域の幹線道路の整備促進に向けて大きく前進したこととなり、大変嬉しく思います。

リニア中央新幹線の開通を見据え、宮田村では中央アルプスの国定公園化による交流人口の増大や、計画道路の沿線に隣接する工業団地の物流等において、非常に大きなストック効果が期待されます。

ご尽力賜りました関係者の皆様に感謝申し上げます。

宮田村としては、今後も国や県、地域関係者の皆様と連携して、円滑に事業進捗が図られるよう取り組んでまいります。

令和2年3月31日

 宮田村長 小田切 康彦

 

ー このことに関する長野県のプレスリリースはこちら ー
https://www.pref.nagano.lg.jp/michiken/happyou/200330_press.html

 


 

この記事の担当 (問い合わせ先)
建設課 建設係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-5863 FAX 0265-85-4725
電子メール kensetu@vill.miyada.nagano.jp