宮田村ハザードマップ『土砂災害・洪水・地震』 イラスト

宮田村ハザードマップ『土砂災害・洪水・地震』

 土砂災害や洪水、地震などの災害時の備えて注意する点や被害を最小限に抑えることを目的として、避難や事前準備に関する情報をまとめた宮田村ハザードマップ(土砂災害・洪水・地震)を作成しました。
 もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで確認しておきましょう。

宮田村ハザードマップ表面.pdf(PDF形式 3,586KB)

宮田村ハザードマップ裏面.pdf(PDF形式 6,195KB)

◇ 宮田村ハザードマップ(分割版)

配置図.pdf(PDF形式 469KB)

No1 中越地区.pdf(PDF形式 1,507KB)

No2 大久保・つつじが丘・大原区.pdf(PDF形式 1,575KB)

No3 町1・町2・町3地区.pdf(PDF形式 1,472KB)

No4 北割・南割地区.pdf(PDF形式 1,395KB)

No5 大田切区.pdf(PDF形式 1,355KB)

No6 新田地区その1.pdf(PDF形式 1,382KB)

No7 新田地区その2.pdf(PDF形式 660KB)

(注) 掲載されている避難地・避難施設等の情報は、平成31年3月31日現在の情報です。

土砂災害警戒区域図について

 土砂災害警戒区域図は、土石流・がけ崩れ警戒区域を対象とし、長野県が平成24年3月「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定し、公表した区域図と現況図を重ね合わせる形で作成しました。

(注) 村内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、大雨時には指定した「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」以外の地域についても注意が必要です。

浸水想定図(天竜川の洪水)について

 地図に掲載されている浸水想定区域は、国土交通省 中部地方整備局 天竜川上流河川事務所が管理する天竜川の洪水を対象としています。

 この浸水想定区域は、河道整備状況を反映しておおむね1,000年に1回程度起こる大雨により発生した洪水を想定し、国が平成28年12月に公表した浸水想定区域図を現況図と重ね合わせる形で作成しました。

(注)浸水想定区域は、あくまでも浸水が想定される区域を明示したもので、もし洪水が発生した場合でも、この図のとおりに浸水するというものではありません。また、浸水想定区域から外れていても「1,000年間は大丈夫」という性質のものでもありません。

活断層について

 この地図に掲載されている活断層については、国土地理院で大地震の際に大きな被害が予想される地域について、活断層の研究者の協力を得て作成した「1:25,000都市圏活断層図」(平成29年10月「1:25,000活断層図」に名称変更)を基に掲載しています。

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
総務課 総務係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3181 FAX 0265-85-4725
電子メール somu@vill.miyada.nagano.jp