災害・緊急情報

セルフメディケーション税制(医療費の特例)について イラスト

セルフメディケーション税制(医療費の特例)について

平成30年度(平成29年分)申告からセルフメディケーション税制が創設されました~

※従来の医療費控除との選択制になりますので、セルフメディケーション税制を選択する場合は従来の医療費控除の適用は同時に受けられません。

■概要

 適切な健康管理の下で医療用薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みを行う個人が、本人又は本人と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定の特定一般用医薬品等(スイッチOTC)の購入代金を、1年間に1万2千円を超えて支払った場合に、その超える額(最大8万8千円)を所得金額から控除する特例が創設されました。

 ※従来の医療費控除との選択制になっているため、同時に適用を受けることはできません。

 

■スイッチOTC医薬品とは

 医療用から転用された要指導医薬品及び一般医薬品です。対象医薬品の詳細は厚生労働省ホームページ(外部)をご覧ください。

■一定の取り組み

                    対   象
保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック等)    
市区町村が健康増進事業として行う健康診査
予防接種(定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種)
勤務先で実施する定期健康診査(事業主検診)
特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
市区町村が健康増進事業として実施するがん検診

 

■適用要件

                    対   象
健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みを行ったことを証する書類(領収書、結果通知表等)を申告書に添付又は提示

医薬品購入費の明細書を申告書に添付

※平成29年中~平成31年中の支払分については、購入時の領収書の添付又は提示でも可能

従来の医療費控除との選択適用(どちらかの控除のみ適用可)

 

■「従来の医療費控除」と「セルフメディケーション税制」の違い

 

 

   従来の医療費控除

 セルフメディケーション税制

  (医療費控除の特例)

 

 

 

   控除額                    

所得金額が200万円以上の方

(支払った医療費の金額)-

(保険金等により補填される金額)-10万円

 

 

 

(スイッチOTC医薬品の総額)-(保険金等で補填される金 額)-1万2千円

所得金額が200万円以下の方

(支払った医療費の金額)-

(保険金等により補填される金額)-(総所得金額等の合計額の5%)

  控除限度額

  (最高金額)  

200万円

8万8千円

 

 

※選択制のため、同時に適用を受けることはできません。

■医療費の特例を申告する場合

 この特例の適用を受けるためには、申告書の提出の際に以下の明細書に必要な事項を記入し、「対象の取り組みを行ったことを明らかにする書類」を貼り付けて、添付する必要があります。

 なお、医療費の領収書の添付または提示は必要ありません。ただし、明細書の記入内容の確認のため、領収書の提示または提出を求める場合がありますので、領収書は5年間ご自宅等で保管してください。

この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課 税務係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3182 FAX 0265-85-4725
電子メール zeimu@vill.miyada.nagano.jp