災害・緊急情報

養子縁組届について イラスト

養子縁組届について

 血縁関係による親子関係がない者、嫡出の親子関係がない者の間に、嫡出親子と同等の関係を創る法律行為です。

・養子縁組を行なった後も、実親との関係はなくなりません。実の親子としての関係は続いていきます。
・配偶者がいる筆頭者が縁組して養子となると、配偶者とともに養親の氏を称して新戸籍を編製します。
・養子の子が養子縁組前の戸籍に在籍していた場合、養子の子は養親の氏を称した養子の新戸籍に入らず、旧の氏の戸籍に残ります。
(養子の子が新戸籍に入るためには入籍届が必要です。)

届出期間
届出人
届出地
必要な書類
任意届出をした日から
効力が発生します
養親及び養子
となる人
養親及び養子の
所在地か本籍地
・印鑑(養親と養子)
・戸籍謄本(届出地に本籍がない人)
※届書には証人2人の記載が必要です。
※養子となる人が未成年者でかつ自己又は
配偶者の直系卑属(子)以外であるときは
家庭裁判所の許可が必要


 なお婚姻届・離婚届(協議離婚)・転籍届・養子縁組届・養子離縁届については窓口に来る人の氏名が確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)をご用意ください。

 

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課 住民係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3183 FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp