災害・緊急情報

犬の登録・飼養・狂犬病予防注射について イラスト

犬の登録・飼養・狂犬病予防注射について

 犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあっては、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村長に犬の登録を申請しなければならないとされています。(狂犬病予防法第4条)
 宮田村にて犬の登録をされる方は、宮田村役場住民課住民係窓口にて犬の登録申請をしてください。
 また、犬の所有者は、その犬について、狂犬病の予防注射を毎年1回受けるよう義務づけられています。(狂犬病予防法第5条)
 予防注射は犬の登録後、お近くの動物病院で受けさせてください。また、村では毎年4月上旬に村内各所で集合注射を実施しています。犬を登録された翌年度より集合注射の日時・場所等について通知を差し上げています。

 

申請書等様式
犬登録事務等手数料
申請書等
登録手数料 1頭につき 3,000円
   ※鑑札を交付します

PDF形式(PDF形式 43KB)Word形式(Word形式 32KB)

鑑札再交付手数料 1頭につき 1,600円

PDF形式(PDF形式 46KB)Word形式(Word形式 34KB)

狂犬病予防注射済票交付手数料 1頭につき  550円

PDF形式(PDF形式 46KB)Word形式(Word形式 38KB)

狂犬病予防注射済票再交付手数料 1頭につき  340円

PDF形式(PDF形式 46KB)Word形式(Word形式 35KB)

 ※ 鑑札及び注射済票は、飼い犬に着けておくことが狂犬病予防法で義務づけられています。
 ※ 狂犬病予防注射料 2,760円(長野県獣医師会)

 

『飼い犬の死亡・登録事項の変更の届出』について


 犬の所有者は、犬が死亡したとき又は犬の所在地を変更したときは、30日以内に役場住民課で死亡または登録事項の変更申請をしてください。(狂犬病予防法第4条)
 なお、死亡届提出時の際には「鑑札」及び「注射済票」を添付してください。

 ◎犬が死亡したときは、電子申請サービスにより届出ができます。
   電子申請による届出はこちら

届出内容 申請書等
犬の死亡届 PDF形式(PDF形式 46KB)Word形式(Word形式 30KB)
犬の登録事項変更届 PDF形式(PDF形式 49KB)Word形式(Word形式 33KB)

飼い犬はマナーを守って適切に飼養しましょう!


 近年、動物の飼養についての関心が高まり、動物との関わり方が変化している一方で、動物に関する様々なトラブルが発生しています。
 長野県では動物に関する様々な問題に的確に対処するため、「動物の愛護及び管理に関する条例」を制定しています。
 飼い犬などペットを適切に飼養することは飼い主の義務です。マナーを守って他人に不快な思いをさせないように努めてください。
 特に、犬の散歩中のフンを始末しなかったり、散歩中にブラッシングをして毛をそのまま置いていかれる方がいます。ご近所の方が大変迷惑しています。犬を散歩に連れて行くときは必ず袋等を持参してフンや毛を持ち帰りましょう!!

 

【犬の飼い主の遵守事項】

  • 人の生命・身体又は財産に危害を加えるおそれがない方法で、飼い犬は常に(自宅、散歩中など)係留(繋ぎとめること)しましょう。
  • 適正な方法で飼い犬のしつけを行い、特に飼い主の制止に従うよう訓練しましょう。
  • 住居の出入口、その他人の見やすい箇所に飼い犬がいる旨の標示をしましょう。

※…自宅であって、柵等で囲われ犬が逃走するおそれのない場合を除く。

【飼い犬が人を咬むなど危害を加えた場合】

  • 飼い犬を収容し、被害の拡大を防いでください。
  • 保健所に連絡し、「飼い犬咬傷事故届出書」を必ず提出してください。
  • 被害者に必ず医療機関を受診するよう依頼し、犬の狂犬病予防注射歴を伝えてください。

【飼い犬が行方不明の場合】

  • 保健所、警察、村役場に連絡してください。
  • 人や動物に攻撃的な犬の場合は、ご近所に危険であることを伝えてください。


【長野県伊那保健福祉事務所ホームページより抜粋】  
伊那保健福祉事務所 “犬・ねこのページ”
 ◎これは飼い主の義務です。必ず守りましょう!
  1 動物の習性を正しく理解して、愛情をもって飼いましょう!

     飼育する動物を健康で安全に飼育管理することは、飼い主の責任です。
  2 最後まで愛情と責任をもって飼いましょう!
     飼育の途中で放棄することなく、最後まで責任をもって飼いましょう。

  3 犬やねこの繁殖制限に努めましょう!
  4 動物からの感染症に注意しましょう!

     飼育する動物から病気に感染することがあります。
      予防するためには、こんなことに注意!
       (1)口移しでえさを与えるなど過剰なふれあいは控える。
       (2)動物にさわったら、必ず手を洗う。
       (3)動物の身の回りを清潔にする。
  5 動物の所有者がわかるよう名札をつけましょう!
     犬は、鑑札と注射済票を必ず装着しましょう。
  6 周辺に危害や迷惑をかけないように注意しましょう!
     散歩中の犬の糞は飼主が持ち帰り、責任をもって処理しましょう。
     鳴き声などで近隣に迷惑をかけることのないように注意しましょう。
  7 動物を逃走させないように注意しましょう!
     散歩させる場合でも常に動物は繋ぎ、逃走させないようにしましょう。
     犬では、首輪やクサリが切れたり磨り減ったりして逃走することが多いので、
     常日頃から点検して予防しましょう。

マナーを守ることは飼い主の義務です!
マナーを守ることは飼い主の義務です!
この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課 住民係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3183 FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp