災害・緊急情報

普通肥料「宮田コンポスト」とは イラスト

普通肥料「宮田コンポスト」とは

 この肥料は、宮田村農業集落排水事業のし尿汚泥を脱水して、約30日間醗酵させたものです。有機分を多量に含んでいるので、土壌の改良にも効果が期待できます。農作物の収量増が期待でき、衛生的な肥料ですので安心してお使いください。

<特徴>
○窒素、燐酸肥料として使用できます。
○有機分が多いので土壌を膨軟化、団粒化する効果により土壌改良に効果が期待できます。
○化学肥料を併用したり不足成分を補足すると用途は広くなります。
 

普通肥料「宮田コンポスト」の使用方法


<肥料施用量>      a=100平方メートル

小肥型 ダイコン、サトイモ、ジャガイモ、スイートコーン等 20kg/a
中肥型 キャベツ、レタス、ハクサイ、ホウレンソウ、スイカ等 30kg/a
多肥型 トマト、ナス、キュウリ、ピーマン等 40kg/a


 上表の施用量を元肥として植付け1週間前までに施用します。「宮田コンポスト」肥料だけではカリが不足するので、その後化成肥料(野菜用配合肥料)を通常施用量の1/2~2/3程度施用してください。
 なお、カリを単肥として施用し肥料成分のバランスをとれば元肥で化成肥料を使わず栽培できます。この場合、「宮田コンポスト」肥料の施用量は上記の1.5~2倍とし、加えるカリは以下を目安としてください。(塩化カリ、硫酸カリ)
 小肥型:2.0~3.0kg/a
 中肥型:3.5~4.5kg/a
 多肥型:5.0~6.0kg/a

 

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
建設課 上下水道係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-5862 FAX 0265-85-4725
電子メール suido@vill.miyada.nagano.jp