「生ごみ処理器」使用例のご紹介(その2) イラスト

「生ごみ処理器」使用例のご紹介(その2)

 役場では環境基本計画及び地球温暖化防止実行計画に基づき、地球温暖化防止の一環としてごみ焼却量の減量のため「ごみの資源化」に率先して取組むよう努めております。
 当面の取組みとして、小中学校や保育園の生ごみ(厨芥ごみ)を焼却処理ではなく堆肥化する取組みを始めています。

 今回は、役場老人福祉センターでの生ごみ処理器活用の様子をお知らせします。老人福祉センター内の教室などで発生した生ごみを処理器で処理して、花壇に堆肥として還元しています。それほど多い生ごみではないので、処理器で有効利用が図られています。

 家庭ではできている生ごみを土に戻す活動も、事業所内ではなかなか難しい状況でしたが、処理器のおかげで生ごみの資源化という有効利用ができ始めています。

 
タイトルなし
 
タイトルなし
この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課 住民係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3183 FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp