災害・緊急情報

2021年11月10日
【新型コロナウイルス】宮田村特設ページ

『アライグマ(特定外来生物)』の被害拡大防止について イラスト

『アライグマ(特定外来生物)』の被害拡大防止について

イラスト(「長野県 自然保護課 提供」)
イラスト(「長野県 自然保護課 提供」)


(県からのお知らせです)
 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」において「特定外来生物」(※注釈参照)として指定されているアライグマ(Procyon lotor)の目撃情報が県内で増加傾向にあります。

強い繁殖力  繁殖力・環境適応力が非常に強く、生態系のバランスを崩し、在来種を捕食や競合により絶滅に追い込む可能性があります。
被害発生   生息が広がった地域では、農業・漁業・生活(文化財、家屋、ペット)等、多方面に渡り被害が発生します。
共通感染症  狂犬病や回虫等、人畜共通の感染症を媒介する可能性が指摘されています。
誤った認識  他の獣と間違えてアライグマと気付かなかったり、愛らしい外観や過去に放送されたアニメーション等の影響により、危険な動物としての認識が一般的に低い。


 北海道、千葉県等では、急増し、トウモロコシ、野菜、果樹等、広範囲にわたり被害が深刻化しています。増える前の早めの駆除が効果的です。
 ただし、許可なく捕まえることは「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により禁止されています。有害鳥獣としてお困りの際は、宮田村役場農政係(電話0265-85-5864)までご相談ください。

【※特定外来生物とは】
 外来生物法により 従来、日本に生息していなかった生物(外来生物)のうち、生態系、人の生命や健康、農林水産業に被害を及ぼすものを「特定外来生物」として指定し、法により飼養・運搬・輸入・野外への放出等が規制されている。
 参考URL
  環境省HPはこちら
  長野県HPはこちら

外来生物アライグマについて(資料)

外来生物アライグマについて(PDF形式 221KB)

この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課 住民係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3183 FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp