災害・緊急情報

伐採及び伐採後の造林の届出制度について イラスト

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

 森林を間伐などで伐採する場合、森林法の規定により(森林法第10条の8)、「伐採及び伐採後の造林の届出」が必要となります。これは、地域の目指すべき森林整備や保全の方法を定めた「宮田村森林整備計画」に即し、適切な伐採が行われるか確認するために提出していただくものです。

 

■届出対象者

 森林所有者または伐採業者、造林業者

 ○伐採業者が森林所有者から立木を買い受けて伐採する場合は、

  伐採業者と伐採後の造林を行う者との連名で届け出ます。

 

■届出期間

 伐採を始める日の90日前から30日前の間

 

■届出先

 宮田村内の森林であれば宮田村役場 

 ○森林が複数の市町村にまたがる場合はそれぞれの市町村への届出が必要になります。

 ○届出書類は、「伐採及び伐採後の造林の届出書」及び伐採を行う森林の位置図です。

 

■届出対象森林

 県知事が定める地域森林計画の対象森林

 

■届出をしない場合

 100万円以下の罰金に処せられる場合があります(森林法第207条)。

 

■森林経営計画に従って伐採する場合

 伐採等を行った後、30日以内に「森林経営計画に係る伐採等の届出書」を市町村長に提出

 

 

伐採及び伐採後の造林の届出書.docx(Word形式 26KB)

記入例(伐採及び伐採後の造林の届出書).pdf(PDF形式 150KB)

 

その他不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

この記事の担当 (問い合わせ先)
建設課 耕地林務係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-5863 FAX 0265-85-4725
電子メール rinmu@vill.miyada.nagano.jp