災害・緊急情報

介護保険の申請手順・利用方法について イラスト

介護保険の申請手順・利用方法について

介護が必要になったら村に要介護認定の申請をしましょう。

(1)介護保険の申請

まずは本人または家族が要介護認定の申請を福祉課(すこやか福祉センター内)にお願いします。
 

(2)訪問調査を実施します

訪問調査

調査員が本人や家族から聞き取り調査を行います。

主治医意見書

村からの依頼を受けて主治医による意見書が作成されます。
(申請者の負担はありません)

(3)どのくらい介護が必要か審査、認定します

審査・判定

訪問調査の結果や主治医の意見書をもとに介護認定審査会がどのくらい介護が必要かなどの審査  や判定をします。

認定

村が要介護認定を行い本人に通知します。

(4)認定結果の通知が届きます

原則として申請から30日以内に届きます。
※認定結果に不服がある場合は村福祉課窓口に相談してください。介護保険審査会への不服申し立てができます。

(5)サービスを選びます

要支援1・2

介護予防サービス⇒宮田村地域包括支援センターが相談窓口になります。

要介護1~5

在宅サービス・施設サービス

非該当

介護予防支援事業⇒宮田村地域包括支援センターが相談窓口になります。

(6)ケアプランをつくります

ケアマネージャー等と相談して、本人の希望や状態に応じた介護サービス(ケアプラン)をたてます。

(7)サービスを利用します

本人または家族がサービス事業者と契約を結び、ケアプランに基づきサービスを利用します。原則として費用の1割は利用者の負担となります。

(8)更新の申請

引き続きサービスを利用する場合は、認定の有効期間(3カ月から24ヶ月)が終了する前に更新または変更の申請をします。更新のお知らせは村から通知します。
※心身の状態が悪くなったとき、必要とされる介護の状況が変わったときはいつでも変更の申請ができます。

この記事の担当 (問い合わせ先)
福祉課 福祉係
〒399-4301 長野県宮田村7027番地1すこやか福祉センター内 TEL 0265-85-4128 FAX 0265-85-5701
電子メール hoken@vill.miyada.nagano.jp