災害・緊急情報

手帳制度(身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳) イラスト

手帳制度(身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳)

1) 身体障害者手帳の交付を受けるには

内容 身体に障がいのある方が、様々な福祉サービスを利用するために必要な手帳です。なお、障害者総合支援法による福祉サービス以外にも、電車、バスなどの交通機関を割引で利用する場合等にも利用できます。手帳は障がいの種類によって1種と2種に、障がいの程度により1級~6級に区分されています。
交付対象 視覚、聴覚、平均機能、音声機能、言語機能、そしゃく機能の障がい者、肢体不自由者、心臓機能、腎臓機能、呼吸器機能、ぼうこう又は直腸機能、小腸機能、免疫機能、肝臓機能に永続する障がいのある方

手続

交付申請書、診断書・意見書(指定医師が作成)、写真(縦4センチメートル×横3センチメートル正面脱帽)を窓口に提出します。
交付までの流れ

①本人(保護者)の申請

②福祉課での受理→ ③長野県知事による審査・決定・交付

④福祉課経由→⑤本人(保護者)に交付

相談 身体障害者手帳を取得したい方、又は取得できるか考えている方は、まず、かかりつけの医師に相談しましょう。

2) 療育手帳の交付を受けるには

内容 療育手帳は、知的障がい者が一貫した療育・援助を受け、この手帳を取得したことにより様々な福祉サービスを受けやすくすることを目的としたものです。障害者自立支援法による福祉サービス以外にも、電車、バスなどの交通機関を割引料金で利用する場合等にも利用できます。障がいの程度によって、A1,A2,B1,B2に区分されます。
交付対象 児童相談所又は知的障害者更生相談所で知的障がいと判定された方
手続 交付申請書、写真(縦4センチメートル×横3センチメートル正面脱帽)を窓口に提出します。
手続き

①本人(保護者)の申請

②福祉課での受理→ ③長野県知事による審査・決定・交付

④福祉課経由→⑤本人(保護者)に交付

備考 療育手帳申請について、児童(18歳未満新規の方)及び18歳以上の方については調査書が必要になります。

3) 障害者手帳の交付を受けるには

内容 障害者手帳は、一定の精神障がいを持つ方が様々な障害者総合支援法による福祉サービス等を受けやすくすることを目的としたものです。障がいの程度によって、1級、2級、3級に区分されます。

交付対象

精神疾患を有する方(知的障がい者を除く)のうち、精神障がいのために長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方
手続 申請書、医師の診断書又は精神障がいを支給事由とする年金証書の写し・振込通知書の写し(年金が振り込まれている通帳の写し)、写真(縦4センチメートル×横3センチメートル正面脱帽)を窓口に提出します。

交付

までの流れ

①本人(保護者)の申請

②福祉課での受理→ ③長野県知事による審査・決定・交付

④福祉課経由→⑤本人(保護者)に交付

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
福祉課 福祉係
〒399-4301 長野県宮田村7027番地1すこやか福祉センター内 TEL 0265-85-4128 FAX 0265-85-5701
電子メール hoken@vill.miyada.nagano.jp