災害・緊急情報

障害福祉サービス(障害者総合支援法関係) イラスト

障害福祉サービス(障害者総合支援法関係)

1)自立支援給付

   障がい者が地域で自立した生活ができるよう、障がい種別に関係なく必要なサービスが受けられる制度です。具体的なサービスについては次のとおりです。

○介護給付・・・介護の支援を受ける場合

居宅介護(ホームヘルプ) ヘルパーが家に来て、入浴、排せつ、食事の用意等を手伝います。   
重度訪問介護 ヘルパーが体に重い障がいのある方の家に来て、日常生活や外出の手伝いをします。
行動援護 知的障がい・精神障がいの重い障がいがある方のことをよくわかっているヘルパーがそばにいて、安心して外出できるように支援します。
生活介護 施設で、入浴、トイレ、食事の手伝い、作業などの日中活動の支援を受けることができます。
児童デイサービス 障がい児に日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練を行います。
短期入所(ショートステイ) 家族に用事があるときなど、施設に短期間泊まることができます。
重度障害者包括支援 重い障がいのある方が、生活するために必要なサービスを組み合わせて使うことができます。
施設入所支援 日常生活の支援を受けながら、施設で暮らすことができます。
共同生活介護(ケアホーム) 障がいのある方たちが、アパートや家で一緒に暮らします。入浴、トイレ、食事の手伝い、お金の管理など、世話人や生活支援員から日常生活の手伝いを受けることができます。
同行援護 重い視覚障がいの方が、ヘルパーが付き添い外出の支援をします。
療養介護 重い障がいがある方が、入院して医療を受けながら日常生活の支援を受けることができます。

 

○訓練等給付・・・訓練等の支援を受ける場合

       サービスにかかった費用の1割が利用者負担ですが、所得に応じて減免等があります。

自立訓練(機能訓練) 体に障がいがある方が、体をうまく動かすことができるように訓練を受けることができます。
自立訓練(生活訓練) 障がいのある方が、地域での生活に困らないように、自分で身の回りのことをする訓練を受けることができます。
就労移行支援 会社に就職するための訓練を受けることができます。仕事探し相談にものってもらえます。
就労継続支援 会社以外の場所で支援を受けながら働くことができます。
共同生活援助(グループホーム) 障がいのある方たちが、アパートや家で一緒に暮らします。食事の手伝い、お金の管理など、世話人や生活支援員から日常生活の支援を受けることができます。

 

 

 


 

 

 

〜 利用の手続き・支給決定までの流れ ~
       申請 → 心身の状況に関する聞き取り → 障がい程度区分の一次判定 →
二次判定(審査会) →  障がい程度区分認定(村) → サービス利用の意向聞き取り → 支給決定           

2)補装具

身体の失われた機能を補い、日常生活や社会生活を容易にするため、補聴器や義肢、車いす等の長期間にわたり継続して使用するものを支給します。品目によっては、長野県立総合リハビリテーションセンターの判定が必要になります。詳しい品目については、お問い合わせください。

原則購入する用具に係る費用の1割

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
福祉課 福祉係
〒399-4301 長野県宮田村7027番地1すこやか福祉センター内 TEL 0265-85-4128 FAX 0265-85-5701
電子メール hoken@vill.miyada.nagano.jp