災害・緊急情報

成年後見制度について イラスト

成年後見制度について

どんな制度ですか?

認知症や障がい等により、判断能力が不十分な方が不利益とならないために、法律的な観点から本人の財産や尊厳等の権利を守る制度です。制度には大きく分けて2種類あります。

法定後見制度

既に判断能力が低下している方が対象で、家庭裁判所に申立てを行い、後見人等が選任され、支援を受けます。

任意後見制度

まだ判断能力のある方が、将来に備え、支援してもらいたい人とあらかじめ支援内容等を公正証書で定めておきます。

後見人等は、どんな支援ができますか?

例えば、預貯金や不動産等の財産管理を支援したり、福祉・介護サービス等本人のために必要な契約を代理や支援したり、本人の行った契約に同意したり、取り消したりします。ただし、後見人等の業務に含まれない行為もあります。具体的には以下の行為です。

  • 医療行為への同意
  • 保証人や身元引受人になること
  • 食事の世話や介護
  • 結婚や離婚、養子縁組等の手続き 等

(注)後見人等は、親族等の他、司法書士や社会福祉士等の第三者が選任される場合もあります。その場合、後見等の事務に費用が発生します。

申立ては誰ができますか?

本人、配偶者、4親等内の親族の他、任意後見人や後見監督人、市町村長が行えます。

問い合わせについて

「認知症が進んでいる」「契約や判断が心配・できない」「財産管理が必要」「消費者被害に遭っている」等心配な方がいる、制度利用を検討している、制度について知りたい方等は、お気軽に宮田村老人福祉センター内福祉課までご連絡ください。民生委員や福祉施設職員等からの相談もお受けしています。

この記事の担当 (問い合わせ先)
福祉課 福祉係
〒399-4301 長野県宮田村7027番地1すこやか福祉センター内 TEL 0265-85-4128 FAX 0265-85-5701
電子メール hoken@vill.miyada.nagano.jp