健康・福祉

後期高齢者医療制度

 老人の医療費を中心に、国民全体の医療費が増え続けているなか、世代間の負担が問題になっていると言われています。このため、世代間の負担を明確にし、公平で分かりやすくしていくために、75歳以上の高齢者を対象にその心身の特性や生活実態等を踏まえ、高齢社会に対応するしくみとして、新たな高齢者の独立した医療制度「後期高齢者医療制度」が創設されます。
 平成20年4月から、75歳以上の方については、現在の「老人保健制度」の対象から「後期高齢者医療制度」に変更になります。

後期高齢者医療制度に関するQ&A
問1 この新しい医療制度は、どのようなものですか?
 国のすすめる『医療制度改革』のひとつで、老人医療費を中心に、国民全体の医療費が増え続けているなか、世代間の負担が問題になっていると言われています。
 このため、新しい高齢者の医療制度を創り、世代間の負担を明確にし、公平で分かりやすくしていくための新たな制度です。
 平成20年4月から、75歳以上の方については、現在の「老人保健制度」の対象から「後期高齢者医療制度」という新しい医療制度に変更になります。

問2 「後期高齢者」というのは、どのような方をさすのですか?
 65歳以上の方を「高齢者」と呼んでいますが、75歳を境として、65歳から74歳までの方は“まえのきかん”ということで「前期“ぜんき”」高齢者と呼ばれ、これに対して、75歳以上の方は“うしろのきかん”ということから「後期“こうき”」高齢者と呼ばれています。

問3 新しい制度になると、具体的に何が変わるのですか?
 この制度では、お医者さんにかかった費用の一部にあてるため、所得などに応じて決められる「保険料」を納めていただくことになります。
 この保険料は、県ごとに一律の保険料率が設定され、所得に応じて一人ひとりの金額は異なりますが、原則として年金から「天引き」されることになります。所得の状況などに応じて「軽減措置」も考慮されています。

問4 対象となる方は、75歳以上のすべての方ですか?
 はい、現在の老人医療制度の対象者と同じで、75歳以上の方と、65歳以上で一定以上の障害認定を受けた方が対象になります。
 健康保険組合や共済組合などに加入している方や、その被扶養者となっている方も移行(加入)していただきます。

問5 何か手続きは必要ですか?
 制度の変更に伴っては、特に手続きの必要はありません。
 ただし、転入、転出や転居といった住民票などに異動があるとき、或いは、保険証を無くしてしまったときなどは、今までどおり、お住まいの市町村役場で手続きをしていただきます。

問6 お医者さんにかかるときに自分で支払う費用や、保険証などは?
 お医者さんの窓口では、今までどおりの負担で変わりはありません。
 老人保健制度では「保険証と老人保健受給者証」の両方を見せていましたが、この制度では「保険証」だけを見せれば、受診できるようになります。
 この保険証は、一人ひとりに、一枚交付されるようになります。

問7 高齢者の医療費が増え続けている中、関心の高まる制度ですね?
 長野県内81のすべての市町村が加入する「長野県後期高齢者医療広域連合」が平成19年3月23日に設立され、「後期高齢者医療制度」の運営の主体となります。
 保険料の徴収や窓口事務は市町村で行い、新たに設立された広域連合と県内のすべての市町村が協力して、事務を行っていきます。
 全国的な制度の改正ですので、47都道府県にもそれぞれの広域連合が設立されました。

 健康で自立した生活を過ごすことは、医療費の節約にもつながります。
 これには、若いうちから定期的に健康診断を受けることが大切です。
 また、高齢者の方は、日ごろから、簡単にできる運動の習慣や、バランスのとれた食生活の定着などで、「健康寿命」を延ばして、いつまでも元気な生活が送れるようにしましょう。


長野県後期高齢者医療広域連合のホームページ

この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課 住民係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3183 FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp