災害・緊急情報

情報公開請求について イラスト

情報公開請求について

1 対象となる実施機関
 村長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び議会

2 対象となる行政情報
 公開請求の対象となる情報は、実施機関の職員が職務上作成し、または、取得した文書、図画及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう)であって次の要件を満たす情報。
  ア.決裁、回覧等一定の事務手続きが終了しているもの。
  イ.実施機関において保有しているもの。
  ウ.平成12年4月1日以降に作成し、又は取得したもの。

3 請求者
 どなたでも実施機関に情報の公開を請求することができます。

4 請求の受付
 請求の受付は、電子申請または総務課で行い、公開は該当する担当課で対応します。

5 請求に対する決定
 公開請求があったときは、原則として請求を受理した日から起算して15日以内に実施機関が公開・非公開の決定を行い、請求者に通知します。

6 非公開情報(適用除外事項)
 請求のあった情報は、原則として公開することとなりますが、プライバシー保護、公正又は適正な行政運営の確保等の観点から例外的に公開しない場合もあります。このような場合に適用される非公開基準は、次のとおりです。

 (1)法令秘情報
  法令又は条例に定められているもの
  ・指定統計に関する情報(統計法第15条第1項)
  ・印鑑の登録及び証明に関する情報(宮田村印鑑登録及び証明に関する条例第14条)

 (2)個人情報
  個人のプライバシーを保護するもの
  ・戸籍的事項に関する情報
  ・経歴に関する情報
  ・心身に関する情報
  ・財政状況に関する情報
  ・思想、信条等に関する情報
  ・その他個人生活に関する情報

 (3)法人情報
  法人等又は事業を営む個人の事業活動の自由を保護するもの
  ・生産技術に関する情報
  ・販売、営業等に関する情報
  ・信用に関する情報
  ・経理、人事等団体の内部管理に関する情報

 (4)村政執行情報
  ア 事業執行情報
   本村が行う事務事業の性質、内容に着目し、公正な又は適正な行政運営を確保するため

  イ 意思形成過程情報
   行政における内部的な審議、協議、検討、調査研究等が円滑に行われることを確保するため

  ウ 国等協力関係情報
   本村と国等とが相互に協力して推進していく事務事業に関して、相互の協力関係又は信頼関係を確保するため
  
  エ 社会的障害情報
   人の生命、財産等の保護、犯罪の予防その他公共の安全と秩序の維持を確保するため

 7 公開の実施
 情報公開の実施は、あらかじめ指定した日時に、原則として関係する担当課において行います。

 8 請求者の費用負担 
 情報の閲覧については、無料です。ただし、写しの作成及び送付については、それらに要する費用がかかります。

 9 不服申立て
 情報の公開請求に対する実施機関の処分に不服のあるものは、実施機関に対して、行政不服審査法に基づき、不服申立てをすることができます。
 不服申立てがあった場合、村長又は実施機関は、情報公開・個人情報保護審査会に諮問をし、その議を経て、当該不服申立てに対する決定を行います。

電子申請サービスにより申し込む場合はこちら


【様式】情報公開請求書 (docファイル、15872バイト)