災害・緊急情報

指定管理者制度 イラスト

指定管理者制度

指定管理者制度とは?

 

 地方自治体が設けた公の施設の管理を、自治体が指定した株式会社やNPOなどの民間団体に行わせることができるとした制度。平成15年の地方自治法の改正により制度化されました。
 「公の施設」とは、地方自治法上「住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設」とされているもので、体育施設や保育所、公民館、社会福祉施設などが含まれます。
 法改正前の委託管理制度では、施設管理の委託先は一部事務組合などの「公共団体」、社会福祉協議会などの「公共的団体」、及び自治体が出資する一定の法人など、公的な団体に限られていました。
 指定管理者制度は、公の施設の利用者である住民からのニーズが多様化する中で、そうした住民ニーズに効果的・効率的に対応するために、公的な団体に限られていた公の施設の管理を広く民間に委ねることを可能にすることで、民間事業者などの持つノウハウなどの積極的活用を図ろうというものです。
 指定管理者の指定は、議会の議決を経て行われます。指定を受けた管理者は、施設の利用料金を自ら定め、その収入とすることができるようになります。
 指定管理者制度の導入により、施設の委託管理制度は廃止されました。



宮田村の場合は

 宮田村においては、次のような施設において指定管理者制度を取り入れています(括弧内が指定管理者です)。
 
 ○宮田村デイサービスセンター(社会福祉法人宮田村社会福祉協議会)
 ○宮田村農業体験実習館こまゆき荘((株)SNAP倶楽部)
 ○ふれあい広場(シルバー人材センター)
 ○テニス場(シルバー人材センター)
 ○宮田球場(シルバー人材センター)
 ○本陣民俗資料館「旧新井家住宅」(シルバー人材センター)
 ○多目的施設文化会館(シルバー人材センター)
 ○農業者トレーニングセンター(シルバー人材センター)
 ○体育センター(シルバー人材センター)
 ○中央グラウンド(シルバー人材センター)
 ○武道館(シルバー人材センター)
 ○つつじが丘グラウンド(シルバー人材センター)
 ○屋内運動場(シルバー人材センター)
 ○宮田球場南駐車場(社会福祉法人しなのさわやか福祉会)
 ○なごみや夢工房(社会福祉法人親愛の里)
 ○町1区地区高齢者支え合い拠点施設(町1区)
 ○町2区地区高齢者支え合い拠点施設(町2区)
 ○町3区地区高齢者支え合い拠点施設(町3区)
 ○駒ヶ原地区高齢者支え合い拠点施設(町3区)
 ○北割地区高齢者支え合い拠点施設(北割区)
 ○南割地区高齢者支え合い拠点施設(南割区)
 ○新田地区高齢者支え合い拠点施設(新田区)
 ○大田切地区高齢者支え合い拠点施設(大田切区)
 ○大久保地区高齢者支え合い拠点施設(大久保区)
 ○中越地区高齢者支え合い拠点施設(中越区)
 ○つつじが丘地区高齢者支え合い拠点施設(つつじが丘区)
 ○大原地区高齢者支え合い拠点施設(大原区)

 指定管理者となる団体については、必ずしも法人格が必要とされていないため、自治会(区)が指定管理者となることができます。