災害・緊急情報

平成17年度地域づくり支援事業一覧 イラスト

平成17年度地域づくり支援事業一覧

認定一覧
番号
申請団体名
申請事業名
事業内容と実施状況
完了
1 仲町モール商店街 街並みづくり事業( 継続事業)プランター設置事業
(実施状況)
5月12日午後よりプランター35鉢へベコニアを植え仲町モールの東西歩道へ分散して置いた。
・商店街が明るく華やかになり通行人買物客に安らぎ感を与え好評である。
・1つの事業を行うことにより会員の連帯、協同心が強くなった。
総事業費 30,300円  補助金額 30,000円
2 花と緑のある街角づくり会 継続事業)花壇設置事業
(実施状況)
(実施状況および成果)
1.土作り(肥料散布、花壇整地)11月、5月
2.植付け 11月、6月
3.梅、ブルーベリー、花の消毒(3回)3月から8月
4.草刈り 6~9月、11月
5.草かき 6~8月、11月
総事業費 43,031円  補助金額 43,000円
3 三一会 街並みづくり事業 (継続事業)桜の木のライトアップ、花壇整備事業
(実施状況)
桜並木のライトアップ、リバーサイド中央保育園入口(草取り、花植え)、中央線沿い(桜並木土手草刈り)
総事業費 79,455円  補助金額 79,000円
4 河原町通り景観委員会 街並みづくり事業 (継続事業)プランター設置、花壇整備事業
(実施状況)
河原町通り、せせらぎ公園にノヴェルポット40、中心にゴールドクレストを、その周りにペチュニア、マリーゴールド、インパチェンスを配して仕上げ、歩道の端、公園に30鉢を配置して歩行者に潤いを感じてもらっている。
総事業費 61,940円  補助金額 50,000円
5 辰巳会 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
6 里宮花の会 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
平成12年に当事業の一環として支援を受け、立派な花壇が出来た。以来その花壇の維持と町三区の環境づくりを目的として「里宮花の会」を結成し活動をしている。今年は5月4日に花壇づくり、以後手入れと藤棚の増設を行った。
総事業費 50,960円  補助金額 50,000円
7 寿会 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
4月に花壇準備、4~6月ダリア、マリーゴールド日々草サルビア、菊の植付け。8月に追肥。
総事業費 38,060円  補助金額 38,000円
8 北割5班婦人部 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
5月8日、6月6日に作業実施。11月まで管理。
成果は地域が明るくなり、通行者にも好評である。
総事業費 32,337円  補助金額 20,000円
9 いきいきサロン 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
(1)新田区転作センター北側歩道へプランター設置
(2)新田区転作センター広域農道端フェンス際へ花苗植付
(3)新田区転作センター庭東側花壇へ花苗植付
花苗も良好で根付きもよいと思われるので11月中旬までしっかり管理する。
総事業費 35,503円  補助金額 35,000円
10 曙会 街並みづくり事業 (継続事業)プランター設置、花壇整備、公園整備事業
(実施状況)
大田切集落センター、小公園2ヶ所、伊勢宮公園の花壇作りおよび花木植栽。桜の木誘引、草刈り、清掃、晴天時毎朝の灌水。環境が良くなり、区民の心が和む。
総事業費 60,000円 補助金額 60,000円
11 大久保ふれあい花壇ボランティア 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
・大久保区花壇6箇所に春はパンジー、夏秋はジニア、マリーゴールド、冬は葉ボタン、チューリップの植え込み等、四季折々の花を咲かせた。
・草取り、水やりは区民の自主的ボランティアにより活動した。
・集落センター周りの美化も自主的に行い、花の潤いでコミュニケーションを図った。
・毎月1回、平均20人×10回実施。水やりはその都度。
会員の出役により造成作業を行い(5/2)花苗の植栽を行う(5/12)。
日頃疎遠になりがち(特に女性)な会員が共に汗を流し、造成した花壇に花苗を植栽し、一変した風景に感動するとともに一体感を深めることが出来た。今後花壇の管理を通し、新たな発展を求めていきたい。
総事業費 68,200円  補助金額 68,000円総事業費 65,992円  補助金額 65,000円
12 つつじが丘景観委員会 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
5月~10月の中で各月行っている地域村民と小学生児童との共同による草取り作業による触れ合いと村道沿いの美的効果。
総事業費 47,197円  補助金額 47,000円
13 おおはら花の会 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
4月に会員募集、5月に「おおはら花の会」発足。6月に第1回作業。第2花壇縁取り、第3花壇の草取り耕作、掘り出した石の搬出などを行う。隔週1回を作業日とし、サルビヤ、マリーゴールドの苗定植。以後草取り、花摘み、追肥など毎回10人以上に参加があった。
総事業費 20,762円  補助金額 20,000円
14 新田区 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
農免道路花畑作り 延長45m。
・5月2日 区長以下部長8人 畑作り
・5月6日 楽友会員10人、正副区長夫妻4人 花植付
以下各班当番にて10月末まで管理する。区民全員の参加で道路を明るくし、事故防止に努めたい。
総事業費 46,174円  補助金額 42,000円
15 米松会 街並みづくり事業 (継続事業)花壇整備事業
(実施状況)
16 宮田小学校PTA 小学校校庭内通路修繕 (継続事業)(継続事業)
小学校西校舎と校庭の間の舗装通路に陥没やくぼみがあり雨天時に大きな水溜りができるので、アスファルトにより修繕をする。
(実施状況)
校庭南側道路、全長約50mのうち、残り27m程度(昨年度未実施)の舗装工事を施工。雨天時の児童の登校に際し、雨水のついた中を通らずに校舎玄関へ歩行できるようになった。(前年度継続事業で本年度完了)
総事業費 570,000円  補助金額 150,000円
17 宮田城跡保存会 宮田城跡保存事業 (継続事業)
宮田城跡を文化遺産として後世に継承するために、城跡を整備し公園化を図る。
(実施状況)
ボランティアの応援を得て、登城道路整備を実施。古城跡の歴史を知ってもらい、文化遺産の保存を認識してもらう。由来板の設置。雑木を処理し、景観を良くするように務める。保存の証として会員の浄財により慰霊碑を建立。
総事業費 167,452円  補助金額 150,000円
18 いきねっと 男女共同参画講演会の開催 (継続事業)
村内で活動している方やグループと協力して、男女共同参画を中心に講演会及びミニ学習会の開催。
(実施状況)
男女共同参画事業は、学習も啓発活動も大変広範囲の分野にわたるが、いきねっと宮田では、活動を通じて”協働の村づくり”の一環を担うことを目標。3事業を実施。(1)ワイワイしながら食思考-食について学ぼう、語ろう、考えよう (2)公民館子育て学級との交流会 (3)講演と運動指導「足元からの健康づくり」
総事業費 80,100円  補助金額 80,000円
19 北割区 区内道路の整備 (新規事業)
中央道西側村道の痛みの激しい箇所の修繕整備をするため、採石を敷く。労務は区民が提供する。
(実施状況)
村道311号線の全線約1.3kmのうち、特に損傷が激しい700m(5ヶ所)に7月30日、区役員が出役し、砕石を敷き整備。車または人身事故防止が図れたと思われる。残り600mについても今後状況を見て、できれば継続事業として取り組みたい。
総事業費 147,000円  補助金額 147,000円
20 大田切区 自主防災組織の確立 (新規事業)
地域住民が災害時に協力して立ち向かうため、自主防災組織を立ち上げ、防災マニュアルを作成し全戸配布する。
(実施状況)
区役員を中心に自主防災組織立ち上げの打合せ後、区臨時総会で区民に協力要請。6月の大雨時には自主防災組織の重機班が土砂撤去も行った。その後会合を重ね、防災訓練に臨んだ。現在も災害時の活動体制が整いつつある。
総事業費 52,861円  補助金額 52,000円
21 信州みやだ梅舞会 次世代を担う人づくり (新規事業)
村内在住、在勤者とともにYOSAKIソーラン踊りを通じて地域の活性化を図る。また、子供たちの様々な人と出会う機会を作る。
(実施状況)
毎週土曜日、宮田村民会館において練習を行い、商工祭(ふれあい広場)、村民運動会(中央グランド)にて発表することができました。
総事業費 162,105円  補助金額 150,000円
22 ともいきの会 区民同士の助け合いによる地域づくり (新規事業)
地域住民がなごみ家を拠点に月1回程度の交流会開催や機関紙の発行、花壇づくりにより助け合いの輪を広げ、住みよい地域づくりを目指す。また、緊急時の避難方法等を掲載した防災マップを作成する。
(実施状況)
介護福祉施設「なごみ家」を拠点に9回の「お茶会」を開催。そばうち2回実施。宮田駅前に「ともいき花壇」を造る。また区とも連携して「高齢者の交通安全教室」や「自主防災組織」の説明会を行う。機関紙「ともいき」2回発行。「ともいきの会」開催チラシ8回発行。
毎回約30人の高齢者の他、障害を持った若い人も参加するようになり、区民の交流が深まる。他のボランティア組織と交流会を持つなど他地区へも交流が広がる。自分たちが楽しむだけでなく、人の役に立ちたいという気概がでてきている。
総事業費 129,402円  補助金額 129,000円
23 町1区 歩道の整備 (新規事業)
村道1号線歩道の修繕と、夜間の安全な通行のため、蛍光塗料による標示を行う。労務は区民が行う。
(実施状況)
役場西交差点から北町交差点までの約200mの村道両側歩道の危険箇所補修。
歩道の危険箇所を蛍光塗料で塗装する作業を、自治会役員、各種団体役員計18人で10月2日に実施、半日で計46箇所の塗装を完了した。
離れた場所から塗装部分がくっきり見え、夜間は自動車のライトを反射して危険箇所が浮かびあがって見えるので交通弱者なども安心して歩行できるようになった。年配者からは大変喜ばれ、美観も一層増した。
総事業費 136,828円  補助金額 136,000円
24 町3区 街並みづくり事業 (新規事業)花壇整備事業
(実施状況)
村道中央線(飯田線東)花壇整備により美化。
総事業費 145,516円  補助金額 145,000円
25 サタデーシンガーズ 子供の居場所づくりと地域福祉の向上 (新規事業)
 音楽を通じた福祉施設の訪問等の活動を行うことにより、学校5日制導入による土曜日の子供の居場所づくりと、福祉への関心や理解の充実を図る。また、慰問用具、機材等を購入し、持続可能な組織の充実を図る。
(実施状況)
毎月の活動の他に、5月かすみ草コンサート(プラムの里)、11月ふれあいコンサート(プラムの里文化祭)、12月ふれあいコンサート(わか家宅老所)、1月(ふれあいコンサート(駒ネット宅老所)、2月かすみ草コンサート(プラムの里)を実施。
子どもたちが音楽を通じての”遊び”の中でアイディアや刺激を受けながら活動できたことは、社会全体に進んでいる孤立化を解決すべき証となった。皆で遊ぶ楽しさや満足感も味わい、一人一人が表現する手段を考えれるようになった。宅老所・病院などの訪問は人と人とのつながりの大切さや思いやりなども育て、なによりもそこから受けた感動はこれから大人へと成長する時、優しさを失うことなく触れ合いあえる体験を仲間と共に持てた。
総事業費 89,432円  補助金額 80,000円
26 大原区 区民祭りの再構築による地区活性化 (新規事業)
25年を経過して継続困難となった大原夏祭りを再構築することにより、大原区の活性化を図る。
(実施状況)
お祭り用舞台の基礎作り、同収納倉庫づくり、同広場の整備を区民のボランティア(手作り)で行った。また区民へのPRなどの工夫と合わせ、8月6日の祭は予想以上の参加があり盛況であった。そのこと以上に今回の補助事業によって多くの区民が何かを自分たちで作り上げていくという住民協力の気運が高まったと確信している。
総事業費 183,624円  補助金額 150,000円
27 大久保区 自主防災組織の確立 (新規事業)
防災倉庫備品整備と合わせ防災マニュアルを作成し、自主防災組織の意識向上を図る。
(実施状況)
自主防災マニュアルを、3月から6頁のマニュアルを作成し、3回に分けて全戸配布。7月に配布完了。
ごみの不法投棄防止事業-村道264号線(伊那峡線)沿いにトラロープを張った。9月18日、他の事業も含め35人の区民ボランティアが参加し、延長 300mに木製杭打ち、トラロープ張り、村から支給を受けた「不法投棄警告プレート」10枚を貼り付けた。
総事業費 176,024円  補助金額 150,000円
28 つつじが丘区 自主防災組織の確立 (新規事業)
防災倉庫備品整備と合わせ防災マニュアルを作成し、自主防災組織の意識向上を図る。
(実施状況)
自主防災組織の体制強化及び防災マニュアルの刷新を行い、区民の意識高揚を促進するとともに、災害時における「リヤカー」「担架」の活用を図る。
総事業費 120,870円  補助金額 120,000円
29 町1区 自主防災組織の確立 (新規事業)
防災倉庫備品整備と合わせ防災マニュアルを作成し、自主防災組織の意識向上を図る。
(実施状況)
自主防災組織のマニュアル作成 災害時の高齢者・障害者の避難対策として、リヤカーと担架を備える。マニュアルの作成・配布を通じ、自主防災組織の強化と意識の高揚が図られる。
総事業費 125,450円  補助金額 125,000円
30 一輪の会 駅前広場の整備 環境美化活動 (新規事業)
宮田駅前の空き地を利用して地元住民組織が駅前広場を整備し、駅前のイメージアップと環境美化活動を行う。
(実施状況)
環境美化事業として当該地の背景となる高木の下枝打ち、低木剪定、下草刈り等を実施。花壇造成前の建物敷コンクリート撤去、土砂搬入、花壇用攪拌土砂作り、組み込みブロックの持ち込み、栄通り道路側石積み。花壇造成。
総事業費 250,000円  補助金額 150,000円



この記事の担当 (問い合わせ先)
みらい創造課協働係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3181
FAX 0265-85-4725
電子メール kikaku@vill.miyada.nagano.jp