災害・緊急情報

平成16年度地域づくり支援事業一覧 イラスト

平成16年度地域づくり支援事業一覧

認定一覧(第1次分)
番号
申請団体名
申請事業名
事業内容と実施状況
完了
1 新田区 除融雪作業 区内にある歩道の除雪及び日陰の融雪剤散布作業を区民が区域を割り振って行なう。
(実施状況)
区内にある歩道の除雪及び日陰の融雪材散布作業を土木部長中心に各班土木係の段取りにより区内実施。融雪材散布機は各班係が保管、歩道の除雪については区民の協力のもと実施、成果をあげている。
総事業費84,000円  補助金額82,000円
2 中越区 区民納涼祭 壮年連盟が行なっていた納涼祭ができなくなったため、区が主体になって区民参加の納涼祭を実施する
(実施状況)
中越区も都市化されて新しい区民が多くなり、区民の交流の場として納涼祭が必要であると区の夏事業、大きなイベントとして実施した。とくに今年度は第1回として、今後納涼祭を継続発展して行けるような施設整備と運営の合理化も研究し、こういうやり方なら役員が変わっていっても今後継続した事業として実施できると区民が確信できたことが一番大きな成果です。特に今年度は、事業所関係者の皆さん、隣接区民の皆さんも多く参加いただき交流できたことはうれしい。参加者は区の人口よりはるかに多く出席していただけました。
総事業費592,151円  補助金額150,000円
3 大原区 大原なかよしネット 一人暮らしの世帯や、母子家庭、老夫婦家庭の人たちのふれあいとつながりの場と機会を創設する。
(実施状況)
大原区民相互の人と人のつながりを濃くすることにより「安心と安全の確保」を目指す事業です。今年度実施の「お隣さんネット」は区総会で承認され、16年11月に素案を全戸配布し実施に入っています。地域づくりの重要さを呼びかける情報紙「おおはら」を月に2、3回全戸配布しています。一人暮らしの高齢者などからは、歓迎的な言葉が多く聞かれるなど、着実に浸透してきていることを認識しています。
総事業費125,316円  補助金額125,316円
4 まほうのくれよん 親子のふれあい事業 人形劇、パネルシアター、絵本の読み聞かせ等をつうじて、親子のふれあいの機会をつくり、地域の子育て支援を図る。
(実施状況)
村図書館のお話し会への参加・協力、村内外の子育てサークル、保育園、小学校での公演、図書館まつり・村文化祭等での公演および企画開催。人形劇、パネルシアター、絵本の読み聞かせなどを通して、親子のふれあいの機会を提供し、地域の子育て支援の一端を担った。
総事業費150,427円  補助金額150,000円
5 大田切区 生活環境保全事業 区内の生活環境の改善のため、カーブミラー、歩道舗装修繕、ごみ投棄防止ネット設置を行なう。
(実施状況)
○松の原線歩道の修繕(2ヶ所の舗装修繕)11月10日施工、出動2班班長以下5名
○ゴミ不法投棄対策(ガードレールへネット取付、延長20m)11月21日施工、出動7班班長以下20名
総事業費102,312円  補助金額102,312円
6 町3区 区民の安全確保 県道より河原町住宅団地へ入る箇所の両サイドのU字溝にグレーティングを加工して入れ住民の安全確保を図ると共に、自分たちでできることは自分たちでという意識の高揚を図りたい。
(実施状況)
6月15日の決定を受けて、6月19日の3区役員会にて報告、及び「地域づくり支援事業」の趣旨を改めて説明し、地元3班班長へ今後の指示を出した。幸い資材が早く入りましたので、祇園神輿の折り返し点でもありますので、より安全にと思い予定を早めて7月10日に実行しました。作業への動員状況―3班4組7名、3区役員5名
総事業費105,000円  補助金額105,000円
7 大田切そば打名人を育てる会 地域内交流 地元産のそば粉を使った、蕎麦打グループを結成し、生産者と消費者及び広い年代層の交流を図りながら、蕎麦打ちの交流を図る。
(実施状況)
16.10.15 会長、事務局、各班幹事8名、計10名で活動開始
16.10.16 区民への呼びかけ文書回覧
16.11.3 第1回目のそば打ちの会開催(材料費実費の会費制)会員42名中38名出席。講師野ひばりの会酒井昌子さんはじめ4名の指導を受けながら全員でそば打ち、試食、懇親会で交流を深めた。以降、年4回以上の研修会開催の他、諸活動を展開の予定。
総事業費23,449円  補助金額23,000円
8 宮田村に住まう会 散策マップづくり事業 駒ケ岳をはじめとする豊かな自然資源や歴史資源、及び人的資源に恵まれた宮田村の魅力を広く周知するため、詳細な散策マップを作成する。
(実施状況)
散策マップは、市街地編、山岳編、寺社編の3種類を企画し、今日までに会議及び作業に取り組んできたが、単年度での完成が困難となったため、引き続き自己資金により完成までの作業を続行することになった。
総事業費112,285円  補助金額106,050円


認定一覧(第2次分)
番号
申請団体名
申請事業名
事業内容と実施状況
完了
9 町3区 自主防災組織の確立 自主防災組織の見直しと、区民への徹底。救護機材の購入を段階的に行い、防災意識の高揚を図る。
(実施状況)
今年度の重点実施事項であります「自主防災組織の確立」を5月から検討を進め、ここに第1段階の終了を迎えることが出来ました。
8月25日「町3区自主防災組織」の発会式。あわせて「防災マニュアル」の全戸配布準備完了。
8月27日 防災倉庫が完成
8月28日 防火用バケツ20個購入
8月30日 折り畳み救助用リヤカーと担架を購入
9月1日 防災訓練にあわせ状況を区民へ報告
9月4日 自主防災説明会を2回に分けて実施、212世帯約250人が参加。(不参加世帯及び行政未加入世帯には9月7日から配布を行う)
総事業費310,260円  補助金額150,000円
10 南割区 公園遊具の修繕 姫宮神社境内を借用し、20年前に児童公園福祉事業で設置した遊具の損傷が激しいため修繕を行い、周辺の草刈り及び管理を区が年間計画の中で行う。
(実施状況)
第3保育所が近く、園児が毎日のように利用している。また、近くに住宅団地が急速に出来、これからますます利用者が増える傾向にあり、利用効果は多大である。周辺の草刈、安全管理等は区民が年間計画で管理する。
総事業費84,000円  補助金額84,000円
11 北割区 除雪作業時の安全確保 北割区では、降雪時耕作組合のトラクターで除雪をしているが、トラクターのチェーンがなく危険であるので、オペレーターの安全確保としてチェーンを購入する。
(実施状況)
平成16年12月31日積雪量約20センチメートル 午前3:00~6:00
平成17年1月15日 積雪量約8センチメートル 午前5:00~6:30
平成17年2月 2日 積雪量約10センチメートル 午前5:00~6:30
平成17年2月16日 積雪量約15センチメートル 午前5:00~7:00
区内の幹線道路は村の出動で除雪をしていただきましたが、他の部分については上記の実績をあげることができました。作業が短時間かつ効率よく、しかもこの事業の趣旨である安全性が確保でき、事業目的としての一定成果が図られました。
総事業費84,000円  補助金額84,000円
12 大田切獅子保存会 獅子頭の修繕と備品の購入 獅子舞及び笛太鼓の囃子方の保存と次世代層の育成を行い、例祭や区行事で上演しているが、獅子頭の傷みの修繕と、会員の増加に伴う備品の購入を行う。
(実施状況)
獅子頭2、太鼓2他備品の修繕及び、たっつけ袴12着、獅子のホロの補充により、会員の数に見合う備品の確保ができ、保存会を中心にした区内の行事も大勢の参加者により盛大に開催され、地域内交流・連携が十分図られた。また、今後も新しく増加した会員と共に伝統文化の継承と、地域内交流を図るよう努められる。
総事業費755,400円  補助金額150,000円
13 いきねっと 男女共同参画講演会の開催 村内で活動している方やグループと協力して、男女共同参画を中心に講演会及びミニ学習会を開催する。
(実施状況)
男女共同参画事業は、学習も啓発活動も大変広範囲の分野にわたります。いきねっと宮田では、活動を通して“協働のむらづくり”の一環を担うことを目標に歩んでいます。そんな中で近頃の最も気になる青少年の問題を提起してみました。「住民みんなで考え、守り育てていきたい」と一住民グループの主催により全戸に呼びかけ、警笛を鳴らしたことに意義があったのではと思います。アンケートでも継続の期待等もありました。繰り返しの積み上げで「教育を大切に考える」住民意識や村の風土作りができればと願っています。
総事業費52,927円  補助金額52,927円
14 大久保区 交通安全及び防犯対策 間の火の見櫓での警鐘の安全確保と夜間通行の防犯対策を図る。工事の一部を区民が行う。
(実施状況)
1.通学、通勤道路で今回申請場所が暗く不便であった。また火の見櫓に上るのにも足元が暗くて危険であったが、それが解決された。
2.工事に当たっては大久保区の執行部が出て重機を使用し、ポール立ての穴掘り、アース線の穴掘り、埋戻しを行う。
総事業費157,425円  補助金額150,000円
15 小学校PTA 小学校校庭内通路修繕 小学校西校舎と校庭の間の舗装通路に陥没やくぼみがあり、雨天時に大きな水溜りができるので、アスファルトにより修繕をする。アスファルトを購入し、作業はPTA役員および教職員で行う。
(実施状況)
校舎北側道路、全長約50mのうち、23m程度の舗装工事を施工。雨天時の児童の登校に際し、雨水のついた中を一部ではあるが通らずに校舎玄関へ歩行できるようになった。(次年度への継続事業として引継ぎ)
総事業費570,000円  補助金額150,000円


認定一覧(追加分)
番号
申請団体名
申請事業名
事業内容と実施状況
完了
16 大田切区 除雪作業時の安全確保 大田切区では、降雪時耕作組合のトラクターで除雪をしているが、トラクターのチェーンがなく危険であるので、オペレーターの安全確保としてチェーンを購入する。
(実施状況)
平成16年12月18日購入、トラクターへの装着、準備完了。12月31日、1月16日、2月19日に除雪作業に出動。いづれも事故もなく安全に作業することができた。
総事業費円50,000  補助金額50,000円
17 宮田城跡を守る会 宮田城跡保存事業 宮田城跡を文化遺産として後世に継承するために、城跡までの旧道の復旧(約300m)の道案内の標識の設置。
(実施状況)
登城口より頂上まで470mの復旧および小三沢不道より城跡まで約300mを復旧工事が完了し、遊歩道として使用可能となり多くの人に宮田城跡を知ってもらえる。
総事業費157,653円  補助金額150,000円



この記事の担当 (問い合わせ先)
みらい創造課協働係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3181
FAX 0265-85-4725
電子メール kikaku@vill.miyada.nagano.jp