災害・緊急情報

行政評価 イラスト

行政評価


行政評価


 行政評価は、行政の活動に投入された予算に対するその効果などを、統一的な基準により客観的に評価する仕組みです。評価は事業実施者自らが実施する「内部評価」と、外からの目で評価する「外部評価」の2段階で評価する仕組みになっていて、このことは宮田村むらづくり基本条例でも規定されています。

 この評価は①事業の有効性、効率性を自ら評価することで課題の改善に結び付ける ②評価結果を実施計画、予算編成に反映させることで財源の有効活用を図る ③外部評価の実施と評価結果の公表で税金の使い方を見える化する ことなどをおもな目的に、毎年実施されています。


 内部評価


一般会計で実施している全事業(災害復旧費や公債費などを一部を除く)を対象に、担当課自らが実施する一次評価と、一次評価の結果を受けて抽出された20事業程度を対象に、理事者が評価をする二次評価によって実施されています。

■評価結果(下の添付ファイルでご覧ください)

内部評価結果【H30】.pdf(PDF形式 4,130KB)

内部評価結果【H29】.pdf(PDF形式 3,913KB)

内部評価結果【H28】.pdf(PDF形式 17,250KB)

 


外部評価


金融機関や会計士などをメンバーとした行政評価委員が評価を実施しています。内部評価の結果を受け、対象の全事業の中から委員自らがピックアップした10事業程度を対象に評価をしています。

この外部評価は、平成18年度から実施していた内部評価に加え、平成29年度から実施していて、より効率的で効果的な事業運営に向けての提言もいただいています。

■評価結果(下の添付ファイルでご覧ください)

外部評価結果【H30】.pdf(PDF形式 803KB)

外部評価結果【H29】.pdf(PDF形式 127KB)

 

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
みらい創造課 企画係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3181 FAX 0265-85-4725
電子メール kikaku@vill.miyada.nagano.jp