災害・緊急情報

5S活動から9(Q)S活動へ イラスト

5S活動から9(Q)S活動へ

 5S活動においては、目標は設定していましたが、具体的な取り組みに不明確な点がありましたので、平成24年度から、「9Sの行動指針」「目標」「アクション」「具体的なアクション」を、リーダー会議、サブリーダー会議で検討し、各職場での全員参加の議論を踏まえて、「誰が」「何を」「いつ」「どこで」「どんな目的で」「どうやって」実践するのか、明確に設定をすることとしました。また、チェック体制については、リーダー・サブリーダー会議を1か月に1回開催し、リーダー・サブリーダーを中心に定期的にチェックをおこない5段階で評価を行います。
 この取り組みは、単発的な取り組みでは意味がありません。継続的に、PDCA、計画、実行、評価、改善活動をおこない、「村民の皆様のために」を、達成できるよう取り組みます。

チャレンジ名 「 ドリームアクション98 」

宮田村 私たちの 「 全員参加の 9(Q) 」 S活動  (Q)=クオリティ


テーマ『 村民の皆様のために 』

「 9(Q) 」S活動《行動指針》
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「サービス・スマイル」「しつけ」「節約」「正確」「スピード」

この記事の担当 (問い合わせ先)
みらい創造課 協働係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-3181 FAX 0265-85-4725
電子メール kikaku@vill.miyada.nagano.jp