災害・緊急情報

2022年08月15日
【新型コロナウイルス】宮田村特設ページ

入園・退園の手続きをするには イラスト

入園・退園の手続きをするには

《入所に当たって》

 保育園に入園を希望するには、保護者や満65歳未満の祖父母が次のいずれかに該当することが必要です。

(1) 昼間、家庭の内外で、会社や自営・農業などの仕事に従事するため、児童の保育ができない場合
(2) 妊娠中または出産後間もないことにより児童の保育ができない場合(出産予定日2週間前から、産後2か月目の誕生日まで。ただし出産後の状況等により延長も考慮します。)
(3) 疾病又は負傷等、精神、若しくは身体に障がいを有していて児童の保育ができない場合。
(4) 同居又は長期入院等している親族を常時介護、看護しているため児童の保育が出来ない場合
(5) 震災、風水害、家裁、その他の災害の復旧に当たっているため児童の保育ができない場合
(6) 求職活動(起業準備を含む。)を毎日行っていて、児童の保育ができない場合
(7) 就学で学校に通っている、又は就業訓練を受けていて、児童の保育ができない場合
(8) その他、村長が認める前各号に類する状態にあること。


《入園・退園の手続き》 

(1)入園・広域入園
 イ. 新年度4月からの入園は、前年度11月中旬に申し込みの受付けを行います。申込書と必要証明書を持参してください。また、年度途中入園見込みの方も11月に申し込んでください。申込書は教育委員会こども室子育て支援係にて受け取ってください。
 ロ. 村内保育園に極めて通園困難な家庭のみ、希望する他市町村の保育園に入園できます。
  (注:申込みは住所地の市町村で行ない、事前に該当両市町村での受け入れ可能かの協議が必要です)
(2)退園
 イ. お子さんを退園させる場合には、前月のうちに保育園に届出をしてください。

 ※ 定員、受け入れ枠等の関係により希望の保育園へ入園できない場合があります。
  この場合は、第2希望の保育園に変更していただくことになります。

《申込みに必要な証明書》

  同居(敷地内同居も含む)の父母及び満65歳未満の祖父母については、全ての園児について保育の必要性が証明できるものが必要です。

保育を必要とする理由 説明 必要書類

(1)就労

※家事以外であること

【勤労時間・日数について】

①外勤の場合の就労基準は、概ね1日当たり4時間以上、かつ就労日数が4日以上。(月64時間以上の就労)

②自営の場合の就労も①と同じ

③農業の場合の就労も①と同じ

【外勤の場合】

・就労証明書

 

【自営の場合】

・事業を確認できる書類

 確定申告書の写し等

(2)出産

・出産予定日の2週間前から、産後2か月目の誕生日までの期間。ただし、出産後の状況等により延長も可。

・母子手帳の写し

【期間延長の場合】

・医師の診断書等

(3)病気、負傷、心身の障害等

・疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有している。

・障碍者手帳等の写し、又は医師の診断書等

(4)病人等の介護

・同居又は長期入院等している親族を常時介護・看護している。

・介護の状況の申告及び、介護を受ける方の身体障がい者手帳、介護保険被保険証等の写し

(5)災害復旧

・震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている。

・罹災証明書等

(6)求職活動(内定、起業準備を含む)

※未満児保育対象

・入園後3か月以内の就労が要件。

・求職活動の有効期限は、上限90日で、ハローワークカード等求職活動が証明できる物が必要。

※3歳以上児:定員に余裕がある場合、休職期間の延長が認められる。

・求職活動を証明できる書類

・就労後直ちに就労証明を提出

(7)就学

・職業訓練受講中、大学に通学している方(趣味の講座・カルチャーセンター等は除く)

・学生証、受講を証明できる書類

(8)虐待・DV等 ・虐待のおそれがあり、保育が必要と認められる場合。  
・その他、村長が認める前各号に類する状態にあること。    

 
 ※令和3年1月1日以降の転入及び令和4年1月1日以降宮田村へ転入予定の方は、前記証明書のほかに下記の書類が必要となります。
  ☆市町村民税のわかる書類(前々年分及び前年分) 
     ……納税通知書の写し、又は課税証明書の写し及び特別徴収税額通知書

・令和3年4月~8月分保育料:令和2年度課税(非課税)証明書等をもとに算定

・令和3年9月~令和4年3月分保育料:令和3年度課税(非課税)証明書等をもとに算定

●マイナンバーの確認
 ①保護者本人がマイナンバーを記載した申込書を提出する場合

①マイナンバー確認

(マイナンバーが正しく記載されているかの確認)

②身元確認

(マイナンバーの正しい持ち主であることの確認)

(以下の書類から1点)

・通知カード

・マイナンバーカードが記載された住民票等の写し

【顔写真付身分証明書の場合】

(以下の書類から1点)

・運転免許証       ・パスポート
・身体障害者手帳     ・療育手帳
・精神障害者保健福祉手帳 ・在留カード
・特別永住者証明書        等

【身分証明書の場合】

(以下の書類から2点)

・公的医療保険の被保険者証
・年金手帳        ・児童扶養手当証書
・特別児童扶養手当証書      等
 

(注)マイナンバーカードをお持ちの方は、マイナンバー確認と身元確認をマイナンバーカードのみで行うことが出来ます。 

②代理人(配偶者含む)が保護者のマイナンバーを記載した申請書等を提出する場合

①代理権の確認 ②代理人の身元確認 ③保護者のマイナンバーの確認
・委任状(入園申込書に記載欄有)

【顔写真付身分証明書の場合】
(以下の中から1点)
・運転免許証
・パスポート
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書    等

【身分証明書の場合】
(以下の中から2点)
・公的医療保険の被保険者証
・年金手帳
・児童扶養手当証書
・特別児童扶養手当証書  等

(以下の書類から1点又は写しでも可)

・マイナンバーカード
・通知カード
・マイナンバーが記載された住民票の写し

 R2申込書(様式・記入例).xls(Excel形式 410KB)

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
教育委員会 こども室 子育て支援係
〒399-4301 長野県宮田村7027番地1すこやか福祉センター内 TEL 0265-85-4128 FAX 0265-85-5701
電子メール kyoiku@vill.miyada.nagano.jp