災害・緊急情報

特別支援教育をご存知ですか? イラスト

特別支援教育をご存知ですか?

「特別支援教育」とは、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものです。 平成19年4月から、「特別支援教育」が学校教育法に位置づけられ、すべての学校において、障害のある幼児児童生徒の支援をさらに充実していくこととなりました。(文部科学省一部抜粋)

特別支援教育は大きく2つに分かれ、「特別支援学校」と「通常の学校で行う特別支援教育」の2つがあります。制度は大きく2つに分かれますが、特別支援学校と地域の学校との交流を行う「副学籍」制度があります。

 

特別支援学校とは…

障害の程度が比較的重い子どもを対象として専門性の高い教育を行う学校です。幼稚園から高等学校に相当する年齢段階の教育を、特別支援学校のそれぞれ幼稚園部・小学部・中学部・高等部で行います。※対象:視覚障害(松本盲学校)、聴覚障害(松本ろう学校)、知的障害(伊那養護学校)、肢体不自由(花田養護学校)、病弱・身体虚弱

通常の学校で行う特別支援教育とは…

地域の幼稚園、小学校、中学校、高等学校等では、障害のある子どもを通常の学級も含めて、学校全体で特別支援教育を行います。通常の学級に在籍している障害のある子どもにも、障害に配慮し指導内容・方法を工夫した学習活動を行ないます。小学校・中学校には「特別支援学級」の制度があります。また、特別支援教育に関する支援員の配置もしています。

副学籍とは…

特別支援学校で学ぶ子どもたちが、居住する地域の小中学校において交流及び共同学習ができる制度を「副学籍」制度といいます。特別支援学校の小中学部に在籍する児童生徒が、居住地の小中学校に置く副次的な学籍のことを言います。対象は特別支援学校に在籍する小中学生になります。

 

特別支援教育、副学籍に関するお問い合わせは、教育委員会事務局までお問い合わせください。

この記事の担当 (問い合わせ先)
教育委員会 こども室 学校教育係
〒399-4301 長野県宮田村7021番地村民会館内 TEL 0265-85-2314 FAX 0265-85-5583
電子メール kyoiku@vill.miyada.nagano.jp