中央アルプス国定公園 指定記念看板除幕式

2020-07-28


 宮田村にある木曽駒ヶ岳を中心とする中央アルプスは、希少な氷河地形や生態系などを有する優れた風景地であると評価され、全国で57ヶ所目となる国定公園に指定(令和2年3月27日)されました。

 指定を記念し新しい宝剣岳の看板を作成し、7月28日に除幕式を行いました!
 本来はロープウェイに乗り、看板を設置した千畳敷の現地で行う予定でしたが、悪天候のため駒ヶ根市役所で行いました。残念です。。。


▲VTRに映した看板をメディアに紹介する小田切村長(右)と駒ヶ根市の伊藤市長


 
 小田切村長と伊藤市長が、2人で国定公園保護・利用宣言を多くの報道陣の前で読み上げました。

 中央アルプス国定公園の指定は、多くの自然公園利用者や村民・県民が、自然景観や歴史・文化などのアルプスの持つ魅力や重要性について理解を深めるとともに、豊かな自然環境を再認識する絶好の機会となります。

 今後も、中央アルプスの持つ魅力を広く発信し、優れた自然環境や風景地の保護と持続可能な利用の推進を図り、次世代に引き継いでいくことができるよう、邁進してまいります。


 大勢のメディアの方が取材に来てくださいました。
 最後に、長野県の小岩副知事や環境省の職員など関係者で記念撮影をしました。

■宮田村HP「中央アルプス国定公園」特設ページはこちらから

 

この記事の担当 (問い合わせ先)
産業振興推進室 商工観光係
〒399-4392 長野県宮田村98番地 TEL 0265-85-5864 FAX 0265-85-4725
電子メール sangyo@vill.miyada.nagano.jp