平成27年第5回臨時会 議事録

平成27年第5回宮田村議会臨時会
                   (会議録)
1 招集年月日    平成27年11月18日
2 開会の年月日   平成27年11月25日
3 開会場所     宮田村役場
4 議員定数     12人
5 出席議員     12人
議員番号
氏名
議員番号
氏名
春日  元
清水 正康
久保田秀男
赤羽  正
城倉 栄治
大石 智之
宮井  訓
10
小田切敏明
加藤 恭一
11
松田 英俊
天野 早人
12
田中 一男 


6 法第121条により出席したる者の氏名
     村長       小田切康彦
     副村長      松田 良一
     教育長      平澤 武司
     会計管理者    中塚 藤男
     総務課長     伊藤 広和
     みらい創造課長  赤羽 和夫
     住民課長     浦野 康之
     福祉課長     福澤 武
     建設課長     伊澤 稔典
     産業振興推進室長 田中 耕民
     教育次長     小林 敏雄
     管理財政係長   平澤 敦士

7 法第123条第1項による事務局職員の氏名
     議会事務局長   本田 秀樹
     議会事務局書記  下平 清美

8 法第123条第2項による署名議員
     第 1 番    春日 元
     第 6 番    天野 早人

9 事件
第1会議録署名議員の指名について 
第2会期の決定について 
第3議案第49号宮田村地下水保全条例の制定について村長提出
第4議案第50号宮田村環境保全条例の一部を改正する条例案について村長提出



平成27年11月25日(水) 午後 1時30分 開議

事務局長(本 田) ご起立をお願いします。[一同起立] 礼。[一同礼]

議  長(田 中) 改めましてこんにちは。11月も終盤に入りましたが、11月に入っても例年よりも暖かい日が続いております。先日は、りんごオーナーの収穫祭が行われています。また、農業祭や各営農組合での収穫祭も行われ、農作業も最終段階を迎えました。心配された大きな災害もなく、収穫期を迎えられたことに感謝いたします。12月議会も間近となりました。議員各位の準備をお願いいたします。
  只今の出席12人、したがって議会は成立致しました。
  ただ今から平成27年第5回宮田村議会臨時会を開会致します。
  本日の会議を開きます。本日の会議に、副村長より上伊那副村長会のため、欠席届が出されておりますので、これを承認しましたので、報告します。
  本日の議事日程を事務局に朗読させます。事務局朗読。

事務局長(本 田) 以下朗読。

議  長(田 中) ではこれより議事に入ります。
  日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。
  会議録署名議員は、会議規則第124条の規定により、
 1番議員 春日 元議員、6番議員 天野早人議員を指名致します。
  日程第2、会期の決定についてを議題と致します。お諮りいたします議会運営委員会において本臨時会の会期を本日一日と定めましたが、これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」の声あり)
 ご異議なしと認め、本臨時会の会期を本日一日とすることに決定しました。
  次、日程第3、議案第49号 宮田村地下水保全条例の制定について村長提出を上程致します。
  事務局朗読。

事務局長(本 田) 以下朗読。

議  長(田 中) 村長より提案理由の説明を求めます。村長。

村  長(小田切) 議案第49号宮田村地下水保全条例の制定について、提案理由を申し上げます。
 本条例は、近年の水資源を取り巻く環境変化や水不足などの課題を受けまして、昨年7月に施行された水循環基本法の基本理念に則り、村内全域における地下水の保全と涵養及び適正な利活用を目的として、宮田村地下水保全条例を制定するものでございます。地下水が公共性の高い貴重な財産であることを認識し、村、住民、地下水採取者等の責務や必要とされる取り組みを促進することによって、水道水源をはじめとする村の大切な水資源を保全し、併せて地下水の枯渇や地盤沈下を防止するなど、住民の健康と安心して住み続けられる生活環境の核を、村の産業を支える重要な資源である地下水の社会的評価の維持、増進を図るものでございます。施行日は交付の日からとなります。
  以上、よろしくご審議をお願い申し上げます。

議  長(田 中) では、議案の審議に入ります。議案第49号 宮田村地下水保全条例の制定について村長提出を議題として、質疑及び討論に入ります。ご質疑ありませんか。久保田議員。

2  番(久保田)住民としてやるべきことあるいは地下水を採取して再利用するという方たちのための一定の努めを期すというような条例と理解しておりますが、現実を見ますと地表から10メートル掘削をすると、決して地下水を汲み上げるために掘るということではない。そういうことをして一定の地域内をどのくらいの深さに掘るというような場合に関しては、当然その掘ることによって地下水の流れも変わったり、あるいは下流の地下水を汲んでいる井戸が枯れたというようなことが当然考えられるわけですけれども、そういった掘削に関してはこの条例では把握はされていないと捉えるわけですけれども、こういう点についてはどのような考え方を持っておられるのかお聞きしたいと思います。

議  長(田 中)住民課長。

住民課長(浦 野)担当をしています住民課の方でお答えしますが、現在掘削につきましては、土壌汚染の関係とか各種法令の部分が一定の部分がありますが、特に今回の村の地下水保全条例ではそこまでは想定はしていませんでしたが、以前にもご説明しましたが、今後井戸水等の地下水の採取につきましては一定の規制を考えておりましたが、掘削については今現在特に考えておりませんでしたので、今のご意見をいただきまして今後地下水採取の規制のときに、一定の規制というか何か届出制とかできるかどうかという部分は研究をしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。

議  長(田 中)他にございますか。久保田議員。

2  番(久保田)掘削をするということは、例えば中越あたりでも3メートルも掘れば地下水がどんどんと出てくるわけです。そういうような状況の中で、例えば10メートル掘るという話になりますと、当然地下水の汚染に対する影響だとか下流の枯渇にも当然繋がるので、やはりそういうことを含めた地下水保全条例でないと、どうしても掘るだけだからいいではないかということになっていったのでは、これは保全することにはならないと思うので、是非研究をする中で、そういうことを含めた条例をいうものを定義していただきたいと思いますので、よろしく研究をお願いいたします。

議  長(田 中)他にありますか。ご質疑がなければ討論に入ります。
  討論はありませんか。
(「なし」の声)
  討論がなければ、質疑討論を打ち切り、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
(「異議なし」の声)
 ご異議なしと認め、議案第49号は原案のとおり可決、決定いたしました。
 つぎ、日程第4 議案第50号 宮田村環境保全条例の一部を改正する条例案について 村長提出を上程いたします。事務局朗読。

事務局長(本 田) 以下朗読。

議  長(田 中) 村長より提案理由の説明を求めます。村長。

村  長(小田切) 宮田村環境保全条例の一部を改正する条例案について提案理由を申し上げます。
  9月議会におきまして、住民の平穏で安心な生活環境と水資源を守る宣言が採択されたことを踏まえまして、宮田村の豊かな自然環境や水資源を守り、後世に引き継ぐために宮田村環境保全条例の一部改正を行うものでございます。
  今回の改正につきましては、先ほどの「地下水保全条例」では健全な水資源の維持・増進に関する施策促進を謳っておりますが、地下水の保全を図るとともに、近年の社会情勢や産業構造の変化などに対応し、村の豊かで恵まれた自然環境と水資源を、環境汚染などから保護するための規制に関する措置、及びその他必要事項を定めるため、宮田村環境保全条例について所要の改正を行うものであります。
  改正の主な内容は、第2条に地下水を定義し、その保全について第15条の2を新たに加えます。
  第16条で定める事前協議について、これまでの規則で定める事業行為の他、新たに別表で定める事業活動を加えることで、環境保全に対する規制対象事業を拡大し、またその事業着手には村長許可が必要であること、許可の基準、これらに関わる一連の手続き等について、新たに条項を追加いたします。
  第4章「環境審議会」については、第25条の組織構成、第26条の任期等を見直し、機能強化を図るものです。
  施工日は、平成27年12月1日からとなります。またこれに併せ、施行規則を改正いたします。
以上、よろしくご審議をお願いいたします。

議  長(田 中) では、議案の審議に入ります。議案第50号 宮田村環境保全条例の一部を改正する条例案について村長提出を議題として、質疑及び討論に入ります。ご質疑ありませんか。(「なし」の声あり)

議  長(田 中) ご質疑がなければ討論に入ります。
  討論はありませんか。
(「なし」の声)
  討論がなければ、質疑討論を打ち切り、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
(「異議なし」の声)
 ご異議なしと認め、議案第50号は原案のとおり可決、決定いたしました。
 以上をもちまして、本臨時会に提案された議案の審議並びに日程を終了しました。
 これにて、本日の日程はすべて終了いたしました。
 これで、本日の会議を閉じます。
 平成27年第5回宮田村議会臨時会を閉会といたします。ご苦労さまでございました。

事務局長(本 田) ご起立をお願いします。[一同起立] 礼。[一同礼]
   午後1時46分  閉会