大規模太陽光発電の設置で固定資産税が減免されます!

大規模な太陽光発電設備を設置する土地やその設備にかかる固定資産税を、一定期間減免する制度を開始します。
これまである家庭用太陽光発電設置補助とあわせ、いっそうの自然エネルギー活用の促進を目指しています。

この制度の概要は次のとおりです。


■対象要件
 新たに取得した土地に50kw以上の太陽光発電設備を新設する、
 5年間継続して村内に本店を有する法人又は5年間継続して住民基本台帳に記載されている個人事業を営む個人

 ※既存建物等の屋根への設置は対象外
 ※宮田村商工業振興条例の助成を受ける事業者は対象外

■減免される固定資産税
 上記にかかる土地・償却資産

■減免の率
 最初の課税年度から5年間 → 全額減免
 その後の5年間 → 7割を減免

■開始時期
 平成26年度課税から

■申請様式
申請書【エクセル形式】 (xlsファイル、12288バイト)

■資料


※減免を受けるには申請が必要です。また申請後、村が審査を経て減免を決定します。

※くわしくは下記までお問い合わせください。


この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課住民係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3183
FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp
事業者のみなさま の記事一覧