こんなご意見いただきました!

村へお寄せいただいたご意見について、公表しています。
ご意見の投稿は意見箱やご意見投稿フォームなどご利用ください。
メールなどで直接ご意見いただいても構いません。

受付日2017年2月12日
投稿者情報20代女性
ご意見内容(要旨)ケーブルテレビの番組について
  • 何を伝えたいのか、よくわからない。視聴者がもっと気持ちよく視聴できる番組にしてほしい。
  • 保育園の行事は、参加したくても参加できない保護者も多いと思うので、保育園や小学校の行事など子どもたちの様子を紹介する番組を増やしてほしい。
村からの回答(要旨)貴重なご意見ありがとうございます。いただいたご意見について、お電話にて詳細ヒアリングさせていただいた内容含めて、番組内容の企画の際に参考にさせていただきます。(回答日2017年2月13日)

受付日2017年2月12日
投稿者情報20代男性
ご意見内容(要旨)消防団の新入団員勧誘について
  • 勧誘の状況をもっと知ってほしい。
  • 各部の勧誘活動では団員確保への不安も大きいため、役場でも積極的に勧誘活動に関わってもらいたい。
村からの回答(要旨)消防団員の方からのご投稿と思います。勧誘活動へのご尽力ありがとうございます。
現状、役場では広報などによる勧誘活動を行っており、消防団の各部では各地区で訪問などによる勧誘活動を実施していただいていますが、団員確保という目的に向けて、協力して活動していけたらと考えています。また、各区長さんや地元議員の方にも勧誘活動へのご協力をお願いしています。
勧誘活動に際して困ったことなど、消防団の各部を通してでも、役場へ直接でも構いませんので、ご相談ください。
なお、2月15日に消防団の幹部会で勧誘活動について話し合われますので、ご意見があった旨、事前に申し入れておきます。
(回答日2017年2月13日)


受付日2017年5月2日
投稿者情報30代女性
ご意見内容(要旨)スクールバスを検討してほしい
  • 毎日沢山歩くのは、足が丈夫になっていいことだが、慣れるまでは疲れて可哀想になる。
  • 子どもに時間の感覚がないので、帰りが遅いととても心配になる。
  • 学校から家が遠い子どもは近い子どもに比べて時間にゆとりが持てない。
  • 不審者など心配がある。
  • 帰りに、怪我など何かあってもすぐに対応できない。
  • せめて、帰りだけとか、低学年の間だけでも考えてもらえればと思う。
  • 何かあってからでは遅いので、子供達の安全を第一に検討いただきたい。
村からの回答(要旨)村に対する提言、誠にありがとうございます。
今回の提言について、役場、教育委員会、学校で検討しましたが、結論としては村では現在段階ではスクールバスの導入は考えておりません。
主な理由は以下の通りです。
  • 近隣市町村の様子を確認したところ、一般的にスクールバスが導入されているのは、村に比べてさらに通学が困難なケースであること。
  • 経費的な面で導入が困難であること(過去に村で循環バスの導入を検討した際にも同じ問題があり、導入に至りませんでした)。

小学校では、体力的に不安のある家庭では慣れるまでの間、学校に相談していただき登下校の際、途中まで送迎するなどして段階的に体力をつけて学校生活に対応できるようになることを望んでいます。
また、村では次のような取り組みなどによって、子どもの安全確保に努めています。
  • 保護者向け学校からのメール配信による不審者情報、各種防犯情報、集団下校などの配信。
  • 各地区のPTA校外指導委員による通学路危険箇所点検、や改善
  • 地域ボランティア「こども安全見守り隊」みよる登下校時の見守り活動(※隊員再募集中)
  • 警察署と連携した登下校時の巡回パトロールの強化。

今後、学校、警察、PTAとも連携しながら安心安全の確保に努めて参りたいと考えていますのでよろしくお願いします。(回答:教育委員会 回答日:2017年5月16日)

この記事の担当 (問い合わせ先)
みらい創造課協働係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3181
FAX 0265-85-4725
電子メール kikaku@vill.miyada.nagano.jp
協働のむらづくり の記事一覧