ふわっとテニス第7回クリスタル大会 開催!

2016年6月19日(日)に宮田村体育センターで、ふわっとテニス第7回クリスタル大会が行われ、熱戦が繰り広げられました。
今年は12チーム50人の参加があり、ふわっとテニス発祥の地である丸子町(現上田市)から7人、上田市上野が丘から4人、上田から2人がチーム参加や個人参加をしていただき、県内に拡大をみせるような大会になりました。
もちろん宮田村からも公民館教室を経由した参加者が何人も出場していましたし、町2区やつつじが丘区のオリジナルチームも参加していました。

タイトルなし

今回大会は、前週の春季スポーツ大会でもふわっとテニス種目が行われており、2週連続での参加選手もいました。
ふわっとテニスの公式戦でもあるので相手の立ち位置を見定めながらボールを送り込むような作戦を立てて競技をしている場面もみられるようになりましたが、ボールの特性上それが100%成功するはずもなく、予想もしない方向へ弾んでしまったり、思ったとおりに打ち返っていかないためにフラフラと失敗してしまう。そんなスポーツだということに変りはありません。
技術の向上だけではすべては決まらないという、まさにニュースポーツと言える種目だと思います。

タイトルなし

まだまだ普及の最初の段階なので、今なら「ふわっとテニスの先駆者」になれます!
そこそこゲーム感覚も楽しめるし、身体も動かそうと思えばけっこう動く。ふわふわとダイエット程度ならそれを目指した方法でも遊べるし、最低4人揃えば成立するスポーツです。
年齢はまったく関係ないこともたのしさのひとつです。

タイトルなし

各地区の公民館でもスポーツ大会に取り入れることが多くなりました。
町1、町2、町3、新田、中越、つつじが丘がたのしく大会をしています。
結果など気にすることはなく、どれだけ楽しめるかどれだけ楽しくさせることができるかそこが「ふわっとテニス」の魅力のひとつです。

ルールの説明もしますし、ルールブックもあります。道具も公民館でお貸ししますのでお気軽にどうぞ。


▽大会結果



1位

2位

3位

第1位   カペラ
     (服部大祐 木下美里 新井宏枝)





第2位   アンタレス
     (森下正敏 小池勝典 新井和恵 服部瑠美子)





第3位   トライカトイマ
     (今井延幸 加藤美代子 小林宏 三石由紀子)



次点

シリウス(大久保昌志 中塚圭 小田切尚子 中塚とし子)
リゲル(丸山誠二 新井さゆり 伊藤きく子 大久保彰二)
ベガ(酒井秀貴 加藤恵美 北林道子)
スピカ(木下祐二 丸山隆子 渡部洋子)
依田川きらきら(依田秀樹 羽田治夫 依田裕子)
爆水ラン(塩入章由 塩入篤子 峯村秀樹)
224(小川泉 宮下美紀 小野浩幸 下平圭志)
ヤングマン(福村悠 新井キスミ 竹村あすか)
FUNFREE(伊藤敏幸 飯島由布子 飯島康子 田中佐千恵 田中みゆ)

○ふわっとテニスとは?○


普通のテニスよりも用具が軽いため子どもから高齢者まで誰でも楽しめます。また、ボールは柔らかく当たっても痛くないため、安心して試合ができます。材質が均等でないため、思ったとおりに弾まないこともあります。サーブ・リターンともに必ずワンバウンドしてからボールをコントロールするためラリーが続き適度な運動量が得られます。

【用具】
1.ボールは直径14~15cm(ちょうどメロンぐらいの大きさです。)の『柔らかボール』と呼ぶビニール製ふわっとテニス専用ボールを使用します。
2.専用ラケットはありませんがジュニア硬式テニス程度のラケットで、全長が約60cm以内のものを使用します。
【コート】
バトミントンコートを利用します。ネットはバトミントンネットを使用し、高さ1.1mに張ります。
【人数・スターティングペア】
1チーム4~6人で構成で試合は、原則ミックス(男女混合)ダブルスです。また、次セットを行うときは異なるペア同士が対戦します。

タイトルなし

さらに詳しいことが知りたい方は宮田村公民館にお尋ねください。
皆さんのご参加お待ちしております!!


この記事の担当 (問い合わせ先)
宮田村公民館
〒399-4301
長野県上伊那郡宮田村7021番地(村民会館内)
TEL 0265-85-2314
FAX 0265-85-5583
電子メール kominkan@vill.miyada.nagano.jp
公民館事業 の記事一覧