浄化槽清掃業の許可申請について

 浄化槽清掃業を営もうとする者は「浄化槽法」第35条により、村長の許可を受けなければなりません。
 許可には次の事項が要件となりますので、確認の上、別紙により許可申請の手続をしてください。

1.許可は2年毎に更新を受けなければその効力を失います。

2.「宮田村廃棄物の処理及び清掃に関する条例」の規定により、次の区分に
 よる許可申請手数料の納付が必要です。
  (1)許可申請書(新規)  1件につき 12,000円
  (2)継続許可申請    1件につき 10,000円
  (3)変更許可申請    1件につき  3,000円
  (4)許可証再交付申請  1件につき  1,000円

3.次の各号に適応しなければ許可は受けられません。
(1)事業の用に供する施設及び申請者の能力がその事業を的確に、かつ継続
   して行うに足りるものであること。
(2)申請者が次のいずれにも該当しないこと。
  イ 浄化槽法又はこの法律に基づく処分に違反して罰金以上の刑に処せら
   れ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から2年
   を経過しない者。
  ロ 浄化槽清掃業の許可を取り消され、その取り消し日から2年を経過し
   ない者。
  ハ 法人であるものが、浄化槽清掃業の許可を取り消された場合において
   その処分のあった日前30日以内にその浄化槽清掃業者の役員であった
   者でその処分のあった日から2年を経過しないもの。
  ニ 浄化槽清掃業の事業の停止を命ぜられ、その停止の期間が経過しない
   者。
  ホ その業務に関し不正又は不誠実な行為をするおそれがあると認めるに
   足りる相当の理由がある者。
  へ 廃棄物の処理及び清掃に関する法律による命令に違反して罰金以上の
   刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった
   日から2年を経過しない者。
  ト 一般廃棄物処理業の許可を取り消され、その取り消しの日から2年を
   経過しないもの。
  チ 一般廃棄物処理業者で法人であるものが、許可を取り消された場合に
   おいて、その処分のあった日前30日以内にその一般廃棄物処理業者の
   役員であった者で処分のあった日から2年を経過しないもの。
  リ 浄化槽清掃業に係る営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年
   者でその法定代理人がイからチまでの一つに該当するもの。
  ヌ 法人でその役員のうちにイからリまでの一つに該当する者があるも
   の。

4.浄化槽清掃業者は、清掃の技術上の基準に従い清掃を行わなければなり
  ません。

5.浄化槽清掃業者は、浄化槽の清掃を他人に委託してはなりません。

6.浄化槽清掃業者は、帳簿を事業所ごとに備え、厚生労働省令で定める事項
 (イ・清掃年月日、ロ・清掃を行った浄化槽の浄化槽管理者の氏名又は名称
 及び該当浄化槽の設置場所)を記載しなけばなりません。

7.帳簿は1年毎に閉鎖し、閉鎖後5年間事業所ごとに保存しなければなりま
 せん。

8.浄化槽清掃業者は、事業ごとに見やすい場所へ、厚生労働省で定める事項
 を記載した標識を掲げなければなりません。


様式
浄化槽清掃業許可申請書(PDF形式)  ・  (Word形式)

この記事の担当 (問い合わせ先)
建設課上下水道係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-5862
FAX 0265-85-4725
電子メール suido@vill.miyada.nagano.jp
下水道・浄化槽 の記事一覧