入園・退園の手続きをするには

《入所に当たって》 入園・退園手続き 必要な証明書 申請書の書き方

保育園に入園できるお子さんは、保護者等が次のいずれかに該当する場合です。
(1) 昼間に居宅外で労働することを常態とされていること。
(2) 昼間に居宅内で該当児童と離れ日常の家事以外の労働をすることを常態としていること。
(3) 妊娠中であるかまたは出産後間もないこと。
(4) 疾病にかかり、若しくは負傷し、または精神若しくは身体に障害を有していること。
(5) 長期にわたり疾病の状態にあるまたは精神若しくは身体に障害を有する同居者の親族を常時介護していること。
(6) 震災、風水害、火災、その他の災害の復旧にあたっていること。
(7) 就職活動(起業準備含む。就職活動の有効期間 上限90日)
(8) 就学
(9) 村長が認める前各号に類する状態にあること。


《入園・退園の手続き》 

(1)入園・広域入園
 イ. 新年度4月からの入園は、前年度11月中旬に申し込みの受付けを行います。申込書と必要証明書を持参してください。また、年度途中入園見込みの方も11月に申し込んでください。申込書は教育委員会こども室子育て支援係にて受け取ってください。
 ロ. 村内保育園に通園困難な家庭のみ、親が希望する他市町村の保育園に入園できます。(注:申込みは住所地の市町村で行ない、事前に該当両市町村での受け入れ可能かの協議が必要です)
(2)退園
 イ. お子さんを退園させる場合には、前月のうちに保育園に届出をしてください。


《希望どおり入園できない場合》
 
 定員、受け入れ枠等の関係により希望の保育園へ入園できない場合があります。この場合は第2希望の保育園に変更していただくことになります。


《申込みに必要な証明書》

  同居(敷地内同居も含む)の父母及び満65歳未満の祖父母については、全ての園児について保育の必要性が証明できるものが必要です。
 (1)常勤・パート・内職等で働いている場合(月60時間以上勤務)
    ☆「申請書兼申込書」の就労の状況欄へ必要事項を記入し、就労証明(事業主の証明)又は勤務先で発行する源泉徴収票の写しを添付
 (2)自営業・農業を営んでいる場合(経営の規模及び従事状況等による)
   ☆「申請書兼申込書」の自家営業の状況欄及び農業経営の状況欄へ必要事項を記入
 (3)妊娠中または出産後間もない場合(一定の期間に限られます。)
   ☆母子健康手帳、又は医師の診断書
 (4)疾病の場合(障がいの程度等による)
   ☆子どもの保育が必要であるという医師の診断書又は証明書
 (5)病人の看護(看護の程度による)や心身障がい者の場合、心身障がい者を介護している(介護の程度による)場合
   ☆常に看護されている病人又は介護を必要とする人についての医師の診断書又は証明書。心身障害者手帳・療育手帳。
 (6)求職活動(求職活動の有効期間は上限90日)
   ☆ハローワークカード(求職登録時に発行)等、求職活動をしていることが分かるもの。(未満児に限る)   
 (7)就学  
   ☆学生証などの写し
 (8)平成27年1月1日以降の転入及び平成28年1月1日以降宮田村へ転入予定の方は、前記証明書のほかに下記の書類が必要となります。
   ☆市町村民税のわかる書類(前々年分及び前年分) 
     ……納税通知書の写し、又は課税証明書の写し








この記事の担当 (問い合わせ先)
教育委員会こども室
〒399-4301
長野県上伊那郡宮田村7021番地(村民会館内)
TEL 0265-85-2314
FAX 0265-85-5583
電子メール kyoiku@vill.miyada.nagano.jp
H28申込書(様式・記入例) (xlsファイル、147968バイト)
保育 の記事一覧