『布類』の資源回収について

■回収方法
 拠点収集で回収します。
  ※各地区の収集日程・場所はこちらで確認⇒資源物拠点収集年間スケジュール

■提出方法
 ・洗濯後きれいにたたんで出しましょう。
 ・ボタン、ファスナー等は付けたまま出しましょう。
 ・無色透明の袋に入れて出しましょう。
 ・収集日が雨の日は濡れないように気をつけましょう。

■出せる布類について
○出せるもの○
×出せないもの×
Tシャツ、Yシャツ、ブラウス、ジーパン
ズボン、スウェット、トレーナー、パジャマ
肌着・下着(きれいな物)、タオル、シーツ、
座布団カバー、布団カバー、ハンカチ
毛布、カーテン(レースもよい。金具は取る)
作業着、背広、スーツ、制服、コート、オーバー
セーター、フリース、ダウンジャケット、
ネクタイ、靴下、マット、布製帽子、スカート
※上記の品目は素材を問いません
※出せない物でも綿・ウール100%などの
天然素材のものは出せます

雨がっぱ、ストッキング、手袋・軍手、まくら、
じゅうたん、布団、座布団、こたつ敷、こたつ布団、
ぬいぐるみ、電気毛布、ぞうきん、はんてん
※出せるものでも汚れているもの
※出せる品目以外の化学繊維などの衣料

◎回収されたものはどこへ行くの?
 ・ウエスとして工場などの油拭きなど
  (肌着、綿製品の衣料は30~50cmほどにカットされウエスとして利用します。)
 ・発展途上国へ中古衣料として輸出
  (おもに夏物衣料を輸出します。)
 ・反毛原料として再加工
  (ウール製品は、繊維を綿状にして防音材やクッション材などの建材や車のシートやマットなどの原材料になります。)


この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課住民係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3183
FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp