本人確認に関する法律改正について

平成20年5月1日から住民・戸籍の証明書の交付や、届出の際に窓口で「本人確認」を行っています。

《改正の理由》
戸籍や住民票は、個人の重要な情報(結婚、離婚や親子関係など)が記載されている大切なものです。
 戸籍や住民票の写しなどの証明を、本人になりすまして他人が不正に取得したり、虚偽の届出等を行うことを防ぐために法律が改正されました。



~窓口では、以下の内容・方法で実際に本人であるかの確認を行います。~

1 『戸籍・住民票の写し・所得などの証明書の交付について』
◎窓口に来られた方は、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、写真付きの住民基本台帳カード(村民カード)の本人確認書類の提示により、確認を行います。(*国や地方公共団体が交付した顔写真付きのものに限られます。)
◎上記以外の書類(国民健康保険等の被保険者証、介護保険の被保険者証、学生証や年金手帳など)の場合は、2つ以上の組み合わせの提示により本人確認を行います。
◎代理人や使いの方については、委任状などの書面の提出が必要です。
※委任状は、役場窓口や村ホームページ(トップページ左下「申請書ダウンロード」)にあります。



2 『証明書交付の際の正当な理由の明示』
◎戸籍に記載されている本人、その配偶者、直系の親族(親子、祖父母と孫、ただし、兄弟は該当しませんのでご注意ください。)の方については、戸籍証書を利用する理由の明示は不要です。
◎それ以外の方については、「自分の権利の行使」「自分の義務を果たすため」や、「国又は地方公共団体の機関に提出する必要があること」などの正当な理由を請求書に詳しく書くことが必要になります。
◎住民票の写しの交付の場合は、本人又は、同一世帯に属する人からの請求以外の場合には、正当な理由の明示が必要です。



3 『戸籍・住民登録の届出について』
ア【届出の種類】
戸籍関係 ⇒ 婚姻届、養子縁組届、認知届、協議離婚届
住民登録関係 ⇒ 転出届、転入届など


イ【届出の際に窓口で本人確認を行います】
→本人確認を行います
窓口に来られ方について、「本人確認」を行います。
「本人確認」の方法は、上記の「【戸籍・住民票の写し・所得などの証明書の交付について】」と同じです。

ウ【窓口に来られた方が、本人であることが確認できなかった場合には、「通知」を行います】 (※戸籍の届出の場合は、主に時間外の届出が該当)
→届出があったことをご本人に通知します。


4 『虚偽の届出を行うと』
偽り、その他不正な手段によって戸籍証明書の交付を受けた者は、刑罰(30万円以下の罰金)が科せられます。



《最後に》
改正内容が、住民の皆さんにご理解され、馴染むまでの間何かとご迷惑お掛けすることもあるかと思いますが、ご理解・ご協力をお願い致します。
また、改正について不明な点などありましたら、住民係までお問い合わせください。
この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課住民係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3183
FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp
窓口のご案内 の記事一覧