公共施設等総合管理計画

全国的に公共施設等の老朽化対策が大きな課題となっており、地方公共団体の厳しい財政状況や人口減少等による公共施設等の利用需要が変化していくことが予想されます。
宮田村の公共施設も、建築から30年以上経過する施設面積が半数以上となっている現状を踏まえ、施設等全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより、財政負担を軽減・平準化するとともに、公共施設等の最適な配置を実現するために「宮田村公共施設等管理計画」を策定しました。
宮田村公共施設等総合管理計画書2017313 (pdfファイル、3174186バイト)
計画・プラン の記事一覧