平成29年度『戸建住宅耐震診断・耐震改修補助事業』希望者募集

 長野県内では内陸型地震がよく起こりますが、県内に多くある活断層がズレることで地震が発生します。
 最も有名なのは、糸魚川-静岡構造線断層帯であり、これによる地震が発生すると県内に非常に大きな被害がでると言われています。

 建物に関しては、旧耐震基準により建築された戸建て住宅(昭和56年5月31日以前に着工したもの)は耐震性が低く不安があります。
 皆さんの生命・財産を守るために、旧耐震基準で建てられた住宅にお住まいの方は、まずは、耐震診断を行ってください。

 宮田村では、戸建住宅耐震診断、耐震改修について補助を行っていますので、検討されている方は以下をお読みになり、工事を検討してください。

耐震診断(経費:無料)


 耐震診断とは、今の建物について、建物形状や地盤・基礎の状況、地震に耐えるための壁の配置や壁の量など、地震に対しての安全性を評価することです。

 宮田村耐震診断補助事業のお申し込み方法は以下の通りです。
(1)宮田村住宅耐震診断事業診断士派遣申込書に必要事項を記入し建設課建設係へ申し込みます。
(2)村から委託を受けた長野県建築士事務所協会が地元の耐震診断士をお宅へ派遣します。診断士は現地調査のうえ診断を実施し、報告書を作成します。その後、診断終了後診断士が報告書の説明に伺います。
○対象住宅
ア.昭和56年5月31日以前に着工された住宅
イ.在来工法の木造住宅(賃貸住宅を除く)
ウ.長屋及び共同住宅以外の個人所有の住宅
※各年度の補助については予算の範囲内となり、希望者が多い場合には翌年度になることもありますのでご承知おきください。

耐震診断の結果、耐震性が不足していれば、耐震改修工事を検討してみてください。

耐震改修工事(経費:2分の1以内(工事額によって上限あり)を補助)


 村で行った精密耐震診断の結果、【やや危険です】【倒壊または大破壊の危険性があります】(総合評点1.0未満)と診断された住宅に、耐震性を向上させるための耐震改修工事を行われる場合には村が補助し、県が助成します。
○対象工事
ア.総合評点が1.0未満の既存木造住宅において耐震改修工事を行い、工事後の総合評点が0.7以上かつ工事前の総合評点を上回る工事
総合評点:判定
1.5以上:安全と思われます。
1.0以上1.5未満:一応安全と思われます。
0.7以上1.0未満:やや危険です。
0.7未満:倒壊または大破壊の危険性があります。

○補助対象工事の一例
<耐力壁(筋交いや合板で作られた壁)を増やし金物で補強する>
<基礎(鉄筋を入れる等)を頑丈にする>
<屋根(重いかわらを軽い材料へ)を軽くする>

○所得制限
給与所得のみの方:収入金額1,442万円以下、その他の方:所得金額1,200万円以下

補助申請(必ず工事着手前に建設課建設係へ相談・申請してください)
(1)耐震補強補助を希望する時期などについて建設課建設係へご相談ください。
(2)精密診断結果を踏まえて専門業者に相談して頂き、補強後の耐震計画や見積などを作成してください。
(3)【宮田村住宅耐震補強事業補助金交付申請書】を、記載してある必要書類とともに建設課建設係へ提出してください。
(4)役場で審査を行い、補助金交付決定通知をご送付いたします。
(5)専門業者による施工を行ってください。
(6)工事完了後、【宮田村住宅耐震補強事業完了実績報告書】を、記載してある必要書類とともに建設課建設係へ提出してください。
(7)書類及び現場にて村担当者が検査を行います。
(8)補助金確定の通知を行い、補助金を指定口座へご入金いたします。
※各年度の補助については予算の範囲内となり、希望者が多い場合には翌年度になることもありますのでご承知おきください。

注意事項他


・受付は平成29年4月1日から行い、予算額に達し次第受付を終了します。
・補助金の交付決定前に、契約や工事着手をした場合は、補助金の交付はできません。
・不明な点は役場建設課建設係までご連絡ください。

この記事の担当 (問い合わせ先)
建設課建設係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-5863
FAX 0265-85-4725
電子メール kensetu@vill.miyada.nagano.jp
住宅・建築 の記事一覧