『児童扶養手当』について

◎ 児童扶養手当とは

 父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として、児童扶養手当が支給されます。

◎ 受給資格

 手当を受けることができる方は、次の条件にあてはまる18歳までの児童を養育している父や母、父母にかわってその児童と同居し、養育している方です。
 なお、児童が心身に中程度以上の障がいをお持ちの場合は、20歳まで手当を受けることができます。
(1) 父母が離婚した児童
(2) 父または母が死亡した児童
(3) 父または母が重度の障害にある児童
(4) 父または母の生死が明らかでない児童
(5) 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
(6) 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
(7) 母が婚姻によらないで生まれた児童等
(8) 父母が不明である児童


◎ 手当額と支給時期

平成29年度から児童手扶養手当の額が変更になりました。ご注意ください。

 受給者の所得額により全部支給の場合と一部支給の場合があります。
・基準額(月額) 全部支給の場合 42,290円
        一部支給の場合 所得に応じて42,280円~9,980円)
・児童2人目の加算額 全部支給の場合 9,990円
        一部支給の場合 所得に応じて9,980円~5,000円)
・児童3人目以降の加算額 全部支給の場合 5,990円
        一部支給の場合 所得に応じて5,980円~3,000円)

 支給時期は毎年4月・8月・12月となり支給月の前月までの分がまとめて支払われます。


 ※所得制限や、申請に必要な添付書類もありますので、詳しくはお問い合わせください。
この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課住民係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3183
FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp
子育て支援 の記事一覧