国民年金の加入・喪失の手続き
20歳になったとき、会社を退職したときなどの国民年金の手続きについて

●20歳で初めて国民年金に加入する方
 20歳の誕生日の前月に加入届書が社会保険事務所から届きます。回答欄に必要事項を記入して返送してください。後日、年金手帳や納付書が送られます。

※20歳前に厚生年金や共済年金に加入したことがある方は、回答欄に厚生年金や共済年金に加入していたときの基礎年金番号等を記入して社会保険事務所へ返送してください。後日、年金手帳や納付書が送られます。

●20歳以上60歳未満で年金制度に未加入の方
役場窓口で加入手続きをしてください。過去に年金制度に加入したことがあり、すでに年金手帳をお持ちの場合は、その年金手帳をお持ちください。また、年金手帳を紛失された場合は、窓口でその旨をお話ください。

 
●20歳以上60歳未満で厚生年金や共済年金制度のある会社等を退職した方
役場窓口で加入手続きをしてください。その際、お勤め先で発行される退職日の証明できる書類(退職証明書、離職票、健康保険喪失証明書などのいずれか)と年金手帳をお持ちください。
 また、お勤め中に扶養していた配偶者(妻または夫)がいる方は、一緒に第1号被保険者になる手続きが必要になりますので、その方の年金手帳もお持ちください。


●20歳以上60歳未満で厚生年金や共済年金制度のある会社等に勤める配偶者(妻または夫)の扶養からはずれた方
役場窓口で加入手続きをしてください。その際、配偶者のお勤め先で発行される扶養からはずれた日を証明できる書類(健康保険喪失日証明書など)と年金手帳をお持ちください。


★宮田村にお住まいの方は、お住まいの市区町村役場に手続きの方法をお問い合わせください。

《任意加入被保険者になる手続き》
役場窓口で手続きを行います。必要な書類などは区役所(支所)にお問い合わせください。

 
 加入の手続きは、勤務先で行われますので、区役所保険年金課管理係または支所民生係で手続きをする必要はありません。
 また、第1号被保険者の方が第2号被保険者になる場合は、第1号被保険者をやめる手続きをする必要はありません。

第3号被保険者になる手続き
 加入の手続きは、配偶者の勤務先で行われますので、区役所保険年金課管理係または支所民生係で手続きをする必要はありません。
 また、第1号被保険者の方が第3号被保険者になる場合は、第1号被保険者をやめる手続きをする必要はありません。

加入している年金制度がわからない場合など
 年金制度に加入しているかどうかよくわからない場合や、過去に年金制度に加入していない期間があり年金がもらえるかどうか不安な場合は、最寄りの社会保険事務所へお問い合わせください。
この記事の担当 (問い合わせ先)
住民課住民係
〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98番地
TEL 0265-85-3183
FAX 0265-85-4725
電子メール jumin@vill.miyada.nagano.jp
国民年金 の記事一覧