要介護度のめやす

■ 要介護度のめやす

介護保険は宮田村が保険者となって運営しています。
 サービスを利用できる方は、
    65歳以上の方で、申請し、要介護(要支援)認定を受けた方
    40~64歳までの老化が原因とされる病気により、要介護認定を
 受けた方
との2つの区分に分かれます。

○ 要支援・要介護度の目安
 要介護度は、大きく「要支援」と「要介護」の2種類に分かれます。
 「要支援」とは、現在は介護の必要がないものの、将来要介護状態になる恐れがあり、家事や日常生活に支援が必要な状態をいいます。この状態は2段階に分けられます。
 「要介護」とは、入浴、排せつ、食事等の日常生活動作について常時介護を要すると見込まれる状態のことをいいます。この状態は5段階に分けられます。 

○ 要支援1
 排せつや食事はほとんど自分ひとりでできるが、要介護状態とならないように身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とし、適切にサービスを利用すれば改善の見込みの高い方。

○ 要支援2
 排せつや食事はほとんど自分ひとりでできるが、身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とし、適切にサービスを利用すれば改善の見込みの高い方

○ 要介護1
 排せつや食事はほとんど自分ひとりでできるが、身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。

○ 要介護2
 排せつや食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがあり、身の回りの世話の全般に何らかの介助を必要とする。歩行や移動の動作に何らかの支えを必要とする。

○ 要介護3
 身の回りの世話や排せつが自分ひとりでできない。
 移動等の動作や立位保持が自分でできないことがある。いくつかの問題行動や理解の低下が見られることがある。

○ 要介護4
 身の回りの世話や排せつがほとんどできない。
 移動等の動作や立位保持が自分ひとりではできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。

○ 要介護5
 排せつや食事がほとんどできない。
 身の回りの世話や移動等の動作や立位保持がほとんどできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。

※上の要介護度はあくまでも目安です。
 介護サービスの利用を希望される方は、宮田村地域包括支援センター(老人福祉センター内)にご相談下さい。
 
この記事の担当 (問い合わせ先)
宮田村地域包括支援センター
〒399-4301
長野県上伊那郡宮田村7027番地1(宮田村老人福祉センター内)
TEL 0265-84-1255
FAX 0265-85-5701
電子メール hoken@vill.miyada.nagano.jp
介護保険 の記事一覧